捻挫・挫傷・肉離れ・打撲(交通事故のリハビリ)

適切な治療・処置で後遺症を残さず早期回復!

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • スポーツをしているので、捻挫や脱臼がクセになってしまわないか心配だ…
  • ケガを治して、早く仕事や学校など日常生活に戻れるようリハビリしたい
  • レントゲン検査で骨折やひびは無かったのに痛みがひかない
  • 自分で湿布や冷却をしてみたが、後遺症が不安…
  • 痛みをかばって動くので、体の他の部分も痛くなってきた

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲は初期治療が大切です!

鳴門市鳴門坂口鍼灸整骨院:捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の図

一般的に捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の治療は、患部を冷やして包帯やテーピングで固定し、痛みがなくなるまで自宅で療養することが多いのですが、この方法だと完治するのに時間がかかってしまいます。

また、損傷した筋肉・靭帯・腱などの関節を動かす力が弱くなってしまうので、患部に負担がかかり、更に痛めてしまうことになります。

特に捻挫はクセになりやすいので、「市販の湿布薬を貼る」「冷却スプレーで冷やす」など、応急処置だけの自己流ケアは厳禁です!

鳴門坂口鍼灸整骨院での捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の治療方法

ケガをしたばかりの急性期は、まず炎症を抑えます。

最新治療機器で痛みを抑えます
まずは、痛みの出ている患部の炎症を最新の電気治療機器を使って抑えていきます。
鍼やお灸の施術・関節や筋肉の調整
患部の腫れや炎症の程度を診ながら、鍼やお灸の施術で関節や筋肉の調整を行います。
早い段階で調整しておくとリハビリ・回復までの日数が短縮されます。
テーピング・固定
症状に合わせて、必要であればテーピングや固定を行います。

炎症が治まった回復期からリハビリを始めます。

リハビリの開始
ケガや捻挫が完治した後ではなく、炎症・痛みが治まった時点でリハビリを開始します。
ギプスで固定したまま筋肉が痩せてしまってからのリハビリでは、回復が遅く、社会復帰に時間がかかってしまいます。
後遺症が残らないような施術
その都度、鍼灸や手技で患部の炎症緩和と筋肉のストレッチ・調整をしていくので、ケガの後遺症が残りにくく早期回復ができます。
スポーツをされている方にはコンディション調整も行います
運動学を基に、怪我した患部周辺の関節や、筋肉についても適切な処置を行い、完治後の動きや、スポーツのパフォーマンスが低下しないような施術を心掛けています。

交通事故後のむちうち治療・リハビリもお任せください

鳴門市鳴門坂口鍼灸整骨院:交通事故のイラスト

車同士の衝突事故、バイク事故、自転車事故、車と歩行者の事故など、交通事故の状況にもよりますが、レントゲン検査で「骨に異常なし」と診断されても、関節・靭帯・筋肉・腱などの軟部組織を損傷しているケースが多くみられます。

交通事故のケガは、衝突時や急ブレーキなどで非常に強い衝撃を受けているので、損傷箇所は思っている以上に大きなダメージを受けています。
骨折していなくても、痛みが残ったり違和感がある場合は、目に見えないケガ(捻挫・挫傷・肉離れ・打撲など)を負っているかもしれません。
交通事故でよく見られる「むちうち症」は、筋肉の捻挫です。捻挫は整骨院が得意とする領域です。
鳴門坂口鍼灸整骨院での交通事故治療・リハビリを受けていただき、十年後、二十年後に後遺症で苦しまないようにするためにも、早期治療を開始しましょう。

交通事故治療の窓口負担は0円です!

交通事故で自賠責保険が適用される場合、治療費は0円です。

鳴門坂口鍼灸整骨院では、プロのスポーツ選手に提供している技術を使って、ケガやリハビリに特化した治療・施術を行っています。
交通事故治療でもトップアスリートへの施術と同様に早期回復・後遺症を残さないのが特徴です。

お問い合わせ

電話番号:088-678-8468

▲ 一番上に戻る