デスクワークで首や肩甲骨まわりが気になる方!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月21日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

 

徳島県でも外気が38℃に達した模様。。。(;一_一)

 

今年の夏はどこまで暑くなるのやら。

 

スーパーなどのお店の中は冷房で冷えているので温度差にやられそうですが

水分補給と冷たい飲み物や食べ物を控えて内側は冷えないように気を付けています。

 

皆さんも内臓の冷えに気を付けましょう。

 

 

 

さて、今回はデスクワークでの首や肩甲骨まわりの不定愁訴についてお伝えします。

 

 

デスクワークというとやはり座る時間が長くなりますので肩や首、背中、腰に症状が出やすいものです。

また、PCを使う作業では眼精疲労、頭痛も起こりやすいです。

 

 

これらの症状に大きく影響しているのが座っている時の【姿勢】なのです。

 

 

皆さんはこのような座り方をしていませんか?

・背もたれにもたれている

・椅子に浅く座っている

・脚を組んでいる

・肘置きにもたれて片側のお尻に体重を乗せている

・背中や腰が丸くなっている

 

 

このような姿勢で長時間デスクワークを行うと

・肩や首が凝る

・肩甲骨の内側(けんびき)が凝る

・頭痛が起こる

・腰が重だるくなったり痛くなったりする

・脚に痺れが出てくる

・脚が浮腫む

・足が冷える

 

 

このような症状が出てきます。

 

デスクワークをしている方に多い猫背の姿勢は

頭が前に出ている状態です。

 

 

この状態だと頭を支える為、常に首から背中にかけて負担がかかってしまいます。

 

なのでいくら筋肉をもみほぐしてもまたすぐ硬くなり、首肩背中がつらくなるのです。

 

 

では仕事中に良い姿勢をとるにはどうすればいいでしょう?

 

 

それは【身体の歪みを取ること】と、

【インナーマッスルを鍛えること】です。

 

 

 

当グループではこの二つに対してアプローチができます(^^)/

 

歪みを取るにはMPF療法という特殊な手技を行います。

この手技は歪みの原因となっている深いところにある筋肉を調整する治療となります。

揺らしながら行うこの治療は全身の筋肉を緩め

深いところにある筋肉までアプローチできるようになります。

深い筋肉の硬さを取ることで歪みを整えていきます。

 

 

そしてインナーマッスルを鍛えるのには楽トレを行います!

楽トレとはインナーマッスルを鍛えることが出来る機械のことで

 

なんと寝ているだけでトレーニングすることが出来ます!

インナーマッスルを鍛えることでデスクワーク中の座り姿勢を改善し

首や背中に負担がかからないようにすることが出来ます。

 

 

デスクワークで身体に悩みを抱えている方はぜひご相談下さい(^^)/

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

背中の痛み【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月19日

 

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

 

暑い日が続きますね!

少し外に出るだけで汗がたくさんでます(; ・`д・´)

 

冷たいものが欲しくなりますが内臓を冷やさないようにご注意ください。

 

 

 

では、今回は背中の痛みについてお伝えします。

 

 

★筋肉が原因で痛みが起こっている場合

運動時におこる筋肉の損傷や

長時間のデスクワークや肉体労働による筋肉の疲労、

猫背などの不良姿勢が続くことによって背中に痛みが出てきます。

 

 

★内科的疾患が原因による背中の痛み

こちらは右側と左側で考えられる疾患が異なります。

 

まずは左側から

 

・心臓に関係する疾患

心筋梗塞や狭心症など

胸の痛みに関連して背中に痛みを感じます。

 

・胃に関係する疾患

胃炎や胃潰瘍など

胃周辺の痛みや左側の背中の痛みが起こります。

 

・ 膵炎

腹部の痛みと背中の左側に痛みが出たり

発熱や食欲低下などもみられます。

 

次に右側

 

・肝臓がん

右側の背中や肩甲骨の痛みが現れます。

 

・肝炎

右側の背中の痛み、倦怠感、黄疸、発熱など現れます。

 

・胆のう炎

胆のうに炎症が起こっている状態で

急性と慢性の2種類あります。

急性胆のう炎は右側の肩や背中の痛み、発熱や吐き気を伴い

慢性胆のう炎は右側のお腹や背中に痛みが現れます。

 

・胆石症

右側の背中やわき腹(肋骨の下あたり)、みぞおちの痛みや

吐き気、寒気が現れます。

 

 

いかがでしたか?

 

このように痛みが出ている場所によって疑われる疾患が変わります。

内科的疾患についてはあくまで参考程度にしていただき、

疑いがあるようならば医療機関で詳しく検査を受けて下さい。

 

 

病院で検査しても特に異常がなかった場合、私たちの出番です(^^)/

 

 

 

 

★身体の歪みが筋肉への負担を大きくしている

 

筋肉は骨から骨へと付着しています。

身体が歪むと筋肉が無理に引っ張られたり、あるいはずっと縮こまった状態になったりします。

 

そうすると引っ張り続けられたために痛みがでたり

縮こまった状態が長くなり筋肉が硬くなってしまったりと

身体の歪みから筋肉のトラブルが起こります。

 

 

★自律神経の乱れにもつながる可能性が!

 

背中の筋肉が硬くなると当然背骨の働きも悪くなります。

背骨の働きが悪くなると自律神経の働きも悪くなるのです。

 

自律神経は背骨から出ています。

背骨の歪みや周りの筋肉が硬くなると、背骨の機能だけでなく

自律神経の働きまでもが悪くなってしまいます。

 

自律神経の乱れが強くでている患者様の背骨はやはり動きが悪かったり

周りの筋肉がガチガチに硬くなっているケースがほとんどです。

 

 

 

症状が酷くなる前にご相談下さい(^^)/

 

 

 

普段自分の目には見えない背中だからこそ

しっかりとしたケアが必要なのです。

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

猫背でお悩みの方はぜひ当院へ!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月14日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

 

 

徳島も梅雨明けし、暑さが厳しくなってきております(; ・`д・´)

 

冷房に頼りたいところですが身体の冷やしすぎないように気を付けましょう!

 

 

さて、今回はデスクワークの方や学生さんに多い猫背についてお伝えします。

 

 

★猫背とは

座った猫の背中のように、背中が丸く頭が前に突き出ている状態を指します。

 

 

猫背姿勢は身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

・肩こり

猫背は肩甲骨が外に開き、肩が身体の内側に入ります。

この状態を巻き肩というのですが、巻き肩では肩甲骨周りの筋肉が

常に引っ張られ、血流が悪くなります。

 

また、頭が身体の前に突き出ると、

頭を支えている筋肉に負荷がかかりっぱなしになってしまいます。

 

ですので肩や首まわりの筋肉が凝りやすくなります。

 

 

・消化不良

猫背の姿勢はお腹を圧迫してしまいます。

なので内臓の働きも悪くなりやすいのです。

 

胃や腸を圧迫することで消化不良を起こしたり、便秘になったりします。

 

・息切れ

猫背の状態でいると胸がうまく開かず呼吸が浅くなってしまいます。

すると酸素不足の状態が続いてしまうので身体が疲れやすかったり

階段で息が上がってしまうようになります。

 

・腰痛

猫背姿勢でいると常に腰の筋肉が伸ばされた状態になります。

伸ばされ続けた筋肉は血流が悪くなり酸欠状態となり筋肉の状態が悪くなります。

やがて痛みが出てくる事になります。

 

・お腹が出てくる

猫背は腹圧が低下している状態です。

内臓下垂も起こりやすいのでお腹が出てきやすいです。

 

・ネガティブになりやすい

心と身体はリンクしています。

身体の状態が悪いと心にも影響します。

 

猫背姿勢は自然とため息をつきやすい姿勢でもあります。

背筋を伸ばし、胸を張った状態ではため息はつきにくいのです。

 

身体の状態を良くする事で心も変化していきます。

 

 

 

★猫背になりやすい人

細身の方、筋肉が少ない方、デスクワークが多い方、運動不足の方は

猫背になりやすいです。

 

 

 

★猫背の治療について

 

当院では背中だけでなく全身の歪みを整えていきます。

また、インナーマッスルのトレーニングもおこなったいき、

腹圧を高めて背中が丸くなるのを防ぐことが出来ます。

 

猫背が気になる方は是非ご相談ください!

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

肩が上がらなくて困っている40代女性の皆さん!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月12日

 

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

 

今回は肩の症状についてお伝えしていきます!

 

 

皆さんは肩が痛い、肩が上がらない。。。こんな経験ありませんか?

 

 

小林製薬の調べによると

40~69歳の男女5,175万人のうち

 

四十肩・五十肩である人は414万人、

 

四十肩・五十肩がつらいと訴えている人は

243万人いらっしゃるそうです!!

 

そして多くの方が1年以上も悩まされているとのことです!

 

 

皆さんはどうでしょうか?

痛いのを我慢して日々過ごしていませんか?

 

 

四十肩・五十肩は放っておいてもなかなか良くなりません。

 

それどころかどんどん可動域が狭くなってしまう方が非常に多いです。

 

 

 

しかし、

きちんと治療を行えば痛みも無くなり

以前のように動かせるようになりますので安心してください(^^)/

 

 

では四十肩・五十肩とは一体なんでしょう?

 

 

 

★四十肩・五十肩の違い

 

四十肩とは、40代に多く見受けられる肩の症状を総称して言います。

五十肩とは、50代に多く見受けられる肩の症状を総称して言います。

 

違いと言えば年代くらいです。

 

ただ、先生によって四十肩・五十肩の意味合いが少し異なります。

 

おおまかに言うと

肩が上がらない、動かすと痛い、夜間に痛みがある、

 

そして他のケガや疾患には当てはまらないものが四十肩や五十肩と呼ばれます。

 

 

★四十肩・五十肩の主な症状

 

・肩を動かした時に痛みがある

・服の着脱がしにくい

・頭を洗う時に腕が上がらない、痛みがある

・夜間に痛みが出る

・手が後ろに回らない

 

これらが四十肩・五十肩の主な症状です。

 

あなたはいくつ当てはまりましたか??

 

 

 

 

★四十肩・五十肩には3つの時期がある

 

 

四十肩や五十肩は3つの時期があります。

 

・炎症急性期

・亜急性期

・拘縮期

 

この3つです。

 

炎症急性期は痛みが出始めてから約2週間くらいまで続き、

この時期が痛みが強くでる期間になります。

 

亜急性期は徐々に肩の傷めた組織が治ってくる期間になります。

 

 

拘縮期に入ると多くは肩の痛みは落ち着いています。

 

が、肩の動きは悪くなっているので

動く範囲で少しずつ体操などをおこなっていきます。

 

 

 

中にはストレッチやリハビリを痛いくらい行う方がいらっしゃいますが

肩の組織が弱くなっている状態で無理な動きを取り入れると

悪化してしまう恐れがあるのでやめましょう。

 

簡単な体操では、コッドマン体操があります。

この体操は重りを利用して肩関節を動かす体操です。

 

このような簡単にできる体操を来院された際にお伝えします。

 

 

 

★四十肩・五十肩に対する当院の治療

 

当院では四十肩・五十肩の痛みはもちろん、

 

根本的な原因を治し、痛みの出ない身体づくりを行っていきます。

 

どうして肩の組織が弱くなるのか?

どうして傷んでしまったのか?

本当に歳のせいなのか?

 

 

お気軽にご相談下さい(^^)/

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

姿勢を良くしたい方へ(^^)/【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月10日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

皆さんは自分の姿勢を気にした事がありますか?

自分で意識していない時の姿勢は殆どの人が崩れています。

スマホを触っている姿勢なんて結構ひどいものです笑

しかし、もし無意識に良い姿勢が取れたら良いですよね?

それがなんと!

出来てしまいます!(^^)/

しっかりとインナーマッスルを鍛えることで可能になります!

★インナーマッスルとは?

インナーマッスルとは日本語で深層筋と言います。

読んで字のごとく深い層にある筋肉です。

このインナーマッスルが骨格を支えてくれています。

しかし、インナーマッスルが弱っているとこの支えが弱くなる事を意味します。

つまり他の筋肉(表層筋)で身体を支えているのです。

そのせいで肩こりや背中の筋肉に負担がかかり硬くなります。

 

ちなみに表層筋は身体の表面にある筋肉で、

力を使う時など普段私たちが意図的に使っている筋肉です。

 

この筋肉は

動きや力を使う際に働く筋肉なので長時間、姿勢を支えるのには向いていません。

なので疲れてしまい、結果的には硬くなってしまいます。

ではインナーマッスルの特徴はと言うと

・持久力が高い

・無意識に働く

インナーマッスルにはこのような特徴があります。

なのでインナーマッスルを鍛え、使える状態にすることで

無意識に、良い姿勢をつくることが出来ます!

是非皆さん、インナーマッスルを鍛えて楽に良い姿勢が取れるようにしていきましょう!

ところでインナーマッスルの鍛え方ってご存知ですか??

おそらくインナーマッスルの鍛え方なんて、多くの方がご存知ないとおもいます。

当院ではインナーマッスルを簡単に鍛える事ができる機械があります。

それが【楽トレ】です!

当院では楽トレを用いて普段鍛えるのが難しいインナーマッスルを

寝ているだけで鍛える事が出来ます!

特殊な電気により寝ているだけで、インナーマッスルを

いとも簡単にトレーニングする事が出来るのです。

運動嫌いな方や仕事で疲れて運動する気力が無い方、

基礎体力が落ちている年配の方でもトレーニングする事ができます。

詳しく知りたい方はスタッフまで!

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

交通事故に注意!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月10日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

鳴門では雨も上がり、晴れ晴れとしております。

 

 

 

西日本では大雨に見舞われ土砂災害など、被災した地域もすくなくありません。

大阪では先日の地震による影響を受けた地域でも大雨が降ったそうです。

 

幸いこちらでは大きな影響はありませんでしたが

体調に影響が出る方も少なくありません。

 

今後も皆様の健康により一層貢献できるよう顔晴っていきます(^^)/

 

 

 

さて、今回は交通事故についてお伝えしていきます。

 

 

交通事故によるむち打ちや打撲などは整骨院でも治療を受けることができます!

 

そしてむち打ちやその他捻挫・打撲は

整骨院の得意分野でもあります(^^)/

 

整形外科で診断が出たら整骨院に来ていただければ大丈夫です。

 

その際にどのような病名が診断されたか確認しておいていただくと幸いです。

 

また、事故直後から少し経つと痛い箇所が増えることがあります。

その際はお早めに整形外科に診てもらい、再度診断していただく必要があります。

 

 

痛みの出る箇所が増えたらすぐに診てもらうようにしましょう。

 

 

 

 

★整骨院のかかり方

 

まずは整形外科でレントゲンを撮っていただき

骨に異常がないか確認していただきます。

 

そして、医師から診断をつけていただいたら、

整骨院に通いたい旨を保険会社さんに伝えていただき

ご予約もしくは直接来院していただきます。

 

当グループの場合は全院予約制となっていますので

来院される前にお電話頂ければと思います。

 

実際に来院していただいたら問診票に記入していただき、

事故の状況や症状についてお聞きします。

痛みが出ている場所や痺れている場所、だるさや違和感がある場所など

細かく教えていただきます。

 

その後、身体の動きや筋肉、関節の状態を検査していき、

お身体の状態を説明させていただきます。

 

そして最後に治療という流れです。

 

 

 

★交通事故の治療費は整骨院だとどうなるの?

 

基本的には治療費は保険会社さんから支払われるので自己負担はありません。

 

 

 

★整形外科にも通うべきか?

 

整形外科にも週一回、少なくとも二週間に一回は通院していただきます。

医師にもご自身の身体の状態を確認してもらいましょう。

 

★整骨院はどれくらいの頻度で通うと良いの?

 

後遺症や古傷にしない為に間をあけず詰めて通っていただくことが望ましいです。

最初は特に炎症が強く、放っておくと筋肉や関節が硬くなってしまいます。

 

ですのでそうならない為にも続けて通っていただきます。

 

なお、初めは弱い刺激の治療しか行いません。

 

 

★どこの整骨院に行けばいいの?

 

交通事故治療専門の

むち打ち治療協会の認定院に行っていただくと良いです。

 

 

認定院は簡単にネットで調べる事が出来ますので

ご自宅や職場の近くでぜひ探してみてください。

 

では、今回はこの辺りで!

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

痺れについて【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月7日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

台風の影響で雨風がかなり強いですが

皆さんは大丈夫でしょうか?

 

 

さて、今回は痺れについてお伝えします。

 

皆さんは痺れというと、長時間正座をした時に起こる

あのジンジンした感覚を思い浮かべるでしょうか?

 

痺れと一口にいってもその実様々な種類があります。

 

 

先程のジンジンとした異常感覚もそうですし、

感覚自体が鈍くなる、あるいはまったく感じなくなることも痺れと言います。

また、手足を動かしにくくなる麻痺も痺れと言います。

 

 

整骨院にも上記のような痺れを訴えて来院される方がいらっしゃいます。

 

 

 

 

★痺れを起こす疾患

 

・脳が原因となっている場合

脳梗塞、パーキンソン病、脳腫瘍など

 

・脊椎や脊椎周辺が原因となっている場合

椎間板ヘルニア、頸椎症、脊髄腫瘍など

 

・神経が原因となっている場合

手根管症候群、胸郭出口症候群、頚腕症候群、糖尿病など

 

痺れを起こすものとしてはこれらの疾患があります。

 

 

また、朝起きた時に一時的に腕がしびれている経験があるかと思いますが

 

寝相によって一時的な痺れが起こる場合は心配しなくても大丈夫です。

 

ただし、頻繁に起こる場合は

“痺れが起きやすい状態”になっており

少しの圧迫で痺れが起こっている可能性があります。

 

朝、痺れることが多くなってきたと感じるなら

一度、病院や整骨院でみてもらうべきでしょう。

 

 

★すぐに病院での診察が必要な痺れ

 

・身体の片側だけに現れる痺れと、

頭痛やめまい、麻痺、ろれつが回らないなどの症状を伴っている痺れ

→“脳卒中”の可能性が。

急いで診察を受けて下さい。

 

・左右対称に痺れる

→左右対称に末梢神経が侵される“多発性神経炎”の可能性があります。

原因は様々ありますが、一番多いのは糖尿病によるもの。

 

・腰痛を伴う脚の痺れ

→腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症

などの可能性があります。

 

・手足の指が蒼白し、痺れや冷感、痛みを伴う

→レイノー病、レイノー症候群の可能性があります。

 

 

上記の症状が痺れとともに併発する場合は一度、病院で診ていただくべきです。

 

以上が痺れについてです。

 

 

病院に行っても特に異常がない方や、症状が一向に良くならない方は

 

一度、当グループまでご相談ください(^^)/

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

ヘルニアについて【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月4日

 

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

日差し強くなり暑さがでてきましたが体調はいかがですか?

 

 

天気や温度が変わる時期、季節の変わり目には体調を崩しやすいので

睡眠、食事、水分に気を付け体調管理を行いましょう!

 

 

 

夜も蒸し暑くなってきていますの。寝てる間に汗をかいていると思うので

朝、水分補給をしてくださいね。

 

 

今回はヘルニアについてお伝えしていきますね。

 

 

★ヘルニアって?

ヘルニアとは、本来あるべき場所から逸脱した状態のことです。

よく知られている部位は鼠径部や椎間板のヘルニアですね。

 

 

上記の場所がヘルニアになることで

周りの血管や神経を圧迫して痛みや痺れ、感覚異常などの神経症状を来たします。

 

 

 

★腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の椎間板が突出してしまうことで痺れや痛みを起こすとありますが

 

椎間板ってよく聞くけど一体何でしょうね??

 

 

 

★椎間板とは...

 

椎間板とは

背骨と背骨の間にあるクッションです。

このクッションは外側に繊維輪という厚い袋状の組織が、

内側に髄核というゼリー状の組織でできています。

 

このクッションが背骨にかかる衝撃から守ってくれています。

 

 

しかし、このクッション(椎間板)に負担がかかりすぎると

繊維輪に傷が出来ます。

 

その状態からさらに負担がかかり続けると

 

そこから中のゼリー状の髄核が

むにゅっと出てしまいます(; ・`д・´)

 

 

これが椎間板ヘルニアです。

 

頸椎で起これば頸椎椎間板ヘルニアとなり

腰椎で起これば腰椎椎間板ヘルニアとなります。

 

 

 

★ヘルニアになってしまったら手術しかないの?

ヘルニアになっても近年は保存療法がメインとなります。

よっぽどのことがないと、すぐに手術とはなりません。

 

飛び出たゼリー状の組織(髄核)は時間の経過とともに

身体の中にあるマクロファージという細胞が

異物とみなし、髄核を食べてしまい、神経を圧迫していた

髄核は無くなります。

 

ですので保存療法でも十分回復することが出来ます。

 

 

 

 

★その痛みは本当にヘルニアの痛みなのか?

 

ヘルニアの痛みと思っていたものが

実は筋肉の痛みだった!

 

なんてことがあります。

 

 

姿勢が悪く骨盤が後傾していて

太ももの後ろの筋肉がガチガチにかたい人は

筋肉の硬さから、鋭い痛みを感じることがあります。

 

ガチガチに硬くなっているとうまく筋肉が伸び縮みできません。

身体を動かしたときに本来なら筋肉が伸びるはずが

硬くなり、伸びずに引っ張られた場合、やはり痛みが出ます。

 

椎間ヘルニアを発症する方の多くは

椎間板に過度な負担がかかるような姿勢やお仕事をされています。

つまり少なからず身体に負担がかかっている状態です。

 

なので筋肉にもかなりの緊張や硬結を見受けられる方が非常に多いです。

その痛みがどこから来ているのかまずは調べる必要があります。

 

 

でないと手術をしても残念ながら痛みは無くなりません。

 

病院に行ってはいるけど、なかなか経過が良くないという方は

一度整骨院に行ってみてはいかがでしょうか。

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

肩こり腰痛なら坂口鍼灸整骨院グループへ!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年06月30日

 

みなさん、こんにちは!!!
鳴門坂口鍼灸整骨院の上ノ瀬です!

梅雨の時期にも入り蒸し暑い季節になりましたが、みなさん夜はお風呂に浸かれていますでしょうか?
シャワーだけとかで終わったりはしていませんか?

実はお風呂を浸かるというのはとても重要なことなのです!

これについてはのちほど説明させていただきます!


では本日は「肩こり、腰痛」についてお話しをさせていただきます。

よくきく腰が痛いや肩こりがひどいなどに悩んでいる人がとても多いのですが
ではそもそもなぜ腰痛、肩こりに悩まれている方がこんなにも多いのか。

最近では小学生の子供さえ肩こりなどで悩まれている子が増えてきています。
ではなぜそういう症状が増えてきているのかというと原因は姿勢にあります!

姿勢にも骨盤の前傾と後傾という姿勢があります。
骨盤の前傾姿勢は骨盤が前に傾いてしまっている状態で腰を反ってしまっていることによって負担がかかり痛みが出てくる状態です。
骨盤の後傾はお尻がおちてしまって肩が丸まり頭が前に出てくるよくゆわれる猫背な姿勢がこの骨盤が後傾になっていることによっておこる状態です。

ではなぜこういう姿勢がくずれてしまうのでしょうか?


インナーマッスルという言葉をきいたことはあるでしょうか?
インナーマッスルとは別名で深層筋とも呼ばれています。
インナーマッスルの作用としては身体、姿勢を支えてくれている筋肉です。

このインナーマッスルが硬縮してしまって硬くなっていることで機能しない状態とインナーマッスルが弱っていることが原因です。
身体の支えとなっている部分が機能していない状態なので姿勢に歪みが生じてしまうのです。

一般的なマッサージなどで痛みを和らげようとする方が多いですが
マッサージは筋肉の硬さをほぐすはできるので痛みの軽減は出来るのですが対処療法にしかなりません。

なので根本的な治療をして姿勢やインナーマッスルを改善しなければ同じ症状を繰り返してしまいます。

では次に治療の説明をしていきます。
MPF療法と言って特別な手技を使って深層筋に直接アプローチをしていきます。
それによって筋肉の硬さを取り、歪みも整えることができる根本的な治療になってきます!

最初にもお風呂の話があったとは思いますがこの筋肉の硬さに関係してきます。
お風呂に浸かることによって筋肉が柔らげることができるのです!

お風呂に浸かった後にストレッチを5分するだけでも全然違います!!!
ぜひ、してみてください!

次に楽トレという機械を使って深層筋であるインナーマッスルだけを鍛えることができます!
特殊な機械をつかって弱ってしまっているインナーマッスルを鍛えていくことで
いい姿勢を維持できて痛みの出ない身体作りをしていきます!




鳴門坂口鍼灸整骨院では
姿勢を確認して原因をわかりやすく説明して痛みをとるだけでなく
姿勢を根本的から良くしていくその人にあった治療を提供させていただきます!

深層の筋肉に直接アプローチしてインナーマッスルの硬さをとったり、
特殊な機械を使って姿勢を支えてくれているインナーマッスルをしっかり鍛えることができます!

当院では肩こり、腰痛以外にもスポーツ外傷、産後矯正、マタニティ施術もしていますので悩みがあるかたはすぐにご連絡ください!!


他にもわからないことがある場合はいつでもご相談ください!



診療時間
平日  9:15〜12:00,15:30〜20:00
(一般の方は19:30 最終受付)
土曜  8:15〜17:30(昼休憩なし)
日曜・祝日  8:15〜12:00 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ> http://expand-k.com/
●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院
<坂口鍼灸整骨院ホームページ> http://expand-k.com/

 

成長期の身体の痛み【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年06月25日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

 

雨の日は少し肌寒いですが

晴れた日の車の中は熱気がすごいです(; ・`д・´)

もう夏も目の前ですね~。

しっかりと水分補給をしましょうね。

 

 

夏はお祭りなどのイベントがありますが

学生にとっては引退の時期でもありますね。

 

今回は成長期の学生に多い疾患についてお伝えしていきます。

 

 

★脛骨過労性骨障害

通称シンスプリントと言います。

 

シンスプリントとは:

反復する運動によって脛骨に何らかの障害が起こった状態で、

骨膜の炎症と疲労骨折の二つに分類できます。

 

発生する原因は

ランニング、ジャンプ、ターン、ストップなどの反復運動が挙げられます。

 

骨膜の炎症では

ふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋、長趾屈筋、後脛骨筋)の牽引により

脛骨の骨膜に損傷や炎症が起こります。

 

痛みを訴える場所は主に脛骨の内側です。

また、圧すと痛みを訴えます。

 

骨膜の炎症ではレントゲンに写りません。

そのため疲労骨折していないかどうかの鑑別ができます。

ただ、疲労骨折の場合でも、早期の段階だと写らないことがあります。

その場合はMRIを取ることもあります。

 

シンスプリントになった場合は運動の中止が必要です。

そして、ふくらはぎの筋肉のストレッチとマッサージを行います。

骨膜を牽引している筋肉を緩めることが大切です。

 

症状が落ち着いたら温熱療法をおこないながら引き続きストレッチを行います。

また、痛みの無い範囲で足首の周りにある筋肉の強化も始めます。

 

その後は正しい身体の動きを再獲得するためのトレーニングを始めます。

 

 

 

★オスグッド・シュラッター病

成長期の子供に多くみられる疾患で、膝に痛みが出てきます。

ひどい子では歩くのも困難になります。

特徴は膝のお皿の下にポコッと骨が出っ張ってきて、

押すと痛みがあります。

 

主に中学生に多い疾患で

ジャンプの多い競技やサッカーなどのボールを蹴るスポーツを行い過ぎると発症します。

成長期にみられる一過性の疾患で多くの場合は成長が終わると治ります。

痛み方は個人差があり、膝を曲げた時に痛みが出る人、運動後にだけ痛みが出る人、

歩くだけでも強い痛みが出る人もいます。

 

多くの治療院では休んでいれば治ると言いますが

休んでいても良くならない方もいらっしゃいます。

 

オスグッドは膝だけの問題ではなく身体全体に負担がかかっている状態です。

なので身体の使い方や姿勢から見直すひつようがあります。

 

 

さて、気になる疾患はありましたか?

 

今回はこのあたりで(^^)/

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

1 2 3 4 5 11

お問い合わせ

電話番号:088-678-8468

▲ 一番上に戻る