手首の痛みがある女性へ!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整体院】

2018年08月5日

 

こんにちは!

鳴門坂口整体院の村井です(^^)/

 

 

今回は女性に多い手首の痛みについてお伝えします!

 

 

 

肩こりや腰痛のほかに主婦の方に多いのが手首の痛みです。

炊事洗濯などの繰り返しの動作や出産後、子供の抱っこによって

手首に痛みを生じます。

 

 

では手首が痛いとき、どのようなことが考えられるか。

 

★腱鞘炎

二つの親指を動かす筋肉があり、この筋肉が原因となる場合が多いです。

原因となる筋肉の名前は長母指外転筋と短母指伸筋です。

 

これらの筋肉が繰り返し使われることで筋肉の端にある腱に炎症が起きます。

そして、腱を支えている腱鞘という部分とこすれることで腱鞘にも炎症が起こり、腱鞘炎となります。

 

 

★手根管症候群

手根管というトンネルが手首にはあり、ここを腱や正中神経が通っています。

この手根管が何らかの原因により圧迫されることで

痛みや痺れといった症状を生じます。

 

手根管症候群かどうかはチネル兆候やファーレンテストなど

治療家に検査をしていただければわかります。

 

 

★キーンベック病

手首の骨は小さな骨が集まって出来ています。

そのうちの月状骨という骨が血行不良により壊死してしまい、

骨がつぶれてしまうことで痛みが出る疾患です。

 

キーンベック病では痛みが長時間持続したり

進行すると手首の動きが悪くなるなど腱鞘炎とは違った症状が現れます。

 

 

 

近年ではPC作業を行う企業も増えた為、タイピングによる手首の負傷や

スマホの普及により親指の使い過ぎで腱鞘炎になられる方が増えています。

 

これらの現代病にはご自身でも気を付けていただく必要があります。

 

 

PC作業がどうしても多く、なかなか手首や指を休ませられない方は

キーボードを打つ際に

机と手首の間にタオルを重ねて置き、その上に手首を乗せるような形をとると

負担が減ります。

 

あとは時折手首や肘、肩をストレッチするなどして動かすことです。

 

 

 

★当院での治療

 

当院では使い痛みはもちろん、肩甲骨の位置が外に開いていたり

腕の捻れが起こっていることで手首に負担がかかりやすくなっており

痛みに繋がると考えています。

 

痛みを取るのにハイボルトという電気治療を、

歪みを整え痛みの出ない身体にしていくのにMPF療法とインナーマッスルのトレーニングを行う事ができます。

 

また、疲労を蓄積しないように自分で出来る簡単なケアをお伝えします。

 

手首の痛みでお悩みの方はご相談ください。

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●鳴門坂口整体院

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●末広坂口鍼灸整骨院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

日曜日と月曜日の診療について【徳島県鳴門市 鳴門坂口整体院】

2018年08月4日

 

誠に勝手ながら鳴門院に関しては
平成30年7月28日より日曜日を休診とさせていただいております。

 

その他のグループ院については日曜日もあけておりますのでご安心ください。

 

また、月曜日の午前中も休診とさせていただいております。

 

皆様にはご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●鳴門坂口整体院

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●末広坂口鍼灸整骨院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

頭痛でお悩みの方!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年08月2日

みなさん、こんにちは!!!
鳴門坂口鍼灸整骨院の上ノ瀬です!

本日は「頭痛」についてお話しします!

最近頭痛もちの方が増えてきています。

・天気の悪くなる前の日に痛くなる
・肩こりがひどくなると頭痛が出てくる
・朝起きたとき頭が痛い
などさまざまなときに頭痛がでて悩んでいる人がいます。

ではそもそも頭痛はなぜ起こるのでしょうか?

まずは頭痛の種類からお伝えいたします!

痛の種類は2種類に分けられます。
1.一次性頭痛
緊張性頭痛、片頭痛、群発頭痛の3つが代表的です。
2.二次性頭痛
何らかの病気が原因で起こる頭痛のこと。
二日酔い、アルコールが原因もあればくも膜下出血や脳腫瘍といった生死に関係してくるものもあります。

では一次性頭痛の中でも緊張性頭痛、片頭痛、群発頭痛の違いを説明させていただきます。

まず、緊張性頭痛について説明させていただきます。
頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起こります。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起こる痛みです。
原因としては精神的、身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすいです。

続いて片頭痛とは、女性の方に多い症状なので女性ホルモンの影響でなることがおおいとされています。
心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事の休みの日などに起こりやすいです。
他にも原因が、寝すぎ、寝不足、空腹、疲労も原因とされています。

最後に群発頭痛ですが、この群発頭痛は男性に多い症状なのですが、数は少なく原因もはっきりしていないことが多いです。
目の後ろを通っている内頸動脈が拡張して炎症が起きることが原因ではないのかと言われています。

頭痛というのは睡眠ともすごく関係してきます!
睡眠の質が悪くなってしまうと身体的も精神的にも不安定になってしまいます。
朝起きた時に頭が痛く頭痛がするというのはまさに睡眠の質が悪い状態です。
生活習慣を改善したり、枕の高さを変えたりする必要があります。

では睡眠時間が長ければいいのかというとそうでもありません!

長くても短くてもホルモンのバランスが悪くなってしまい頭痛が起こりやすくなります!

平均では6〜8時間の睡眠が一番ベストと言われています!!!

頭痛のほとんどの人が筋肉が硬くなることでおこる筋緊張性頭痛と言われていることが多いです。

ではそもそも筋肉が硬くなるのには別の原因があるのです!

それが姿勢です!!!
姿勢が崩れてしまっていることによって負担がかかってしまっている状態です。

そこで当院でさせていただいている治療は
MPF療法と言って特別な手技を使って深層筋に直接アプローチをしていきます。それによって筋肉の硬さを取り、歪みも整えることができる根本的な治療になってきます!
これでしっかり筋肉の緊張をとることによって頭痛の症状を軽減することができます!!

でも姿勢が良くなってもそれを維持する筋肉がなければまた元に戻ってきてしまいます。
そこでするのが機械を使って深層筋であるインナーマッスルだけを鍛えることができる特殊な機械をつかって弱ってしまっているインナーマッスルを鍛えていくことでいい姿勢を維持できて痛みの出ない身体作りをしていきます!

鳴門坂口鍼灸整骨院では
姿勢を確認して原因をわかりやすく説明して痛みをとるだけでなく姿勢を根本的から良くしていくその人にあった治療を提供させていただきます!
深層の筋肉に直接アプローチしてインナーマッスルの硬さをとったり、特殊な機械を使って姿勢を支えてくれているインナーマッスルをしっかり鍛えることができます!

当院では頭痛、肩こり、腰痛、スポーツ外傷、産後矯正、マタニティ施術もしていますので悩みがあるかたはすぐにご連絡ください!!

他にもわからないことがある場合はいつでもご相談ください!

診療時間
平日 9:15〜12:00,15:30〜20:00
(一般の方は19:30 最終受付)
土曜 8:15〜17:30(昼休憩なし)
日曜・休診
祝日8:15〜12:00

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

手の痺れがある40代女性の方!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整体院】

2018年08月2日

 

こんにちは!

鳴門坂口整体院の村井です(^^)/

 

 

今回は手の痺れについてお伝えします。

 

寝て起きた時に腕や手がしびれたことって

多くの方が一度は経験したことがあるかと思います。

 

 

寝る体制が悪いと腕を通っている神経を圧迫してしまい

一時的に痺れが起こります。

 

それが日常的に続く方は

どこかで何らかの神経を圧迫してしまっています。

 

 

★手の痺れを伴う疾患

 

・胸郭出口症候群

・手根管症候群

・頸椎ヘルニア

・肘部管症候群

・糖尿病

 

手の痺れが続くようでしたら上記疾患の可能性があります。

 

今回はその中から

胸郭出口症候群についてお伝えします!

 

 

★胸郭出口症候群とは

胸の周りに胸郭と呼ばれる場所があります。

その中でも首の付け根、鎖骨、第一肋骨といった部分で

神経や血管が圧迫されてしまい様々な症状をきたすものを胸郭出口症候群と言います。

主になで肩の女性によく見られる疾患です。

 

 

胸郭出口症候群は圧迫される場所により4つに分類されます。

 

・斜角筋症候群

首の前面に斜角筋という筋肉があります。

この斜角筋が神経や血管を圧迫することで起こります。

 

・小胸筋症候群

別名、過外転症候群とも言います。

胸には大胸筋と小胸筋の二種類の筋肉があります。

そのうちの小胸筋によって神経や血管が圧迫されて起こります。

 

・頚肋症候群

本来は第七頸椎の下から肋骨が出ているのですが稀に第七頸椎もしくは第六頸椎から

肋骨がでている方がいらっしゃいます。

その肋骨を頚肋と呼び、頚肋が存在することで神経を圧迫しやすくなります。

 

とはいえ頚肋が認められていても、とくに症状が出ない方もいます。

 

 

・肋鎖症候群

第一肋骨と鎖骨の間を神経や血管が通っています。

ここで圧迫を受けることで痺れなどが生じます。

 

 

これら4つを合わせて胸郭出口症候群と言います。

 

 

なで肩の女性以外にも

腕を上げた状態で作業を行う方や首周りが太い方なども起こりやすいです。

 

 

★圧迫する原因

神経や血管を圧迫しているのは主に筋肉です。

筋肉が緊張しすぎて圧迫している。

あるいは弱ってしまったが為に

腕を正しい位置に保てず、なで肩になる。

なで肩の人は腕の重みで鎖骨が下がった状態になっています。

そのせいで神経や血管の通り道を狭めてしまい、症状が現れます。

 

筋肉が緊張し過ぎている方は緩める必要がありますし

弱っている方は鍛える必要があります。

 

 

筋肉が緊張し過ぎてしまったり弱ってしまうのは

日常生活での身体の使い方・癖によるものです。

 

その積み重なりが症状をつくっているわけですね。

 

 

そこを改善すると身体も自ずと変わっていきますよ!

 

 

 

では今回はこの辺で!

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

坐骨神経痛でお悩みの方!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年08月1日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

今回は坐骨神経痛についてお伝えします。

 

まずは坐骨神経痛についてどのような症状なのかお伝えします。

 

★坐骨神経痛とは

腰から臀部を通り、脚にかけて走行している長く太い神経があります。

それが坐骨神経です。

 

坐骨神経痛とは坐骨神経が何らかの原因によって圧迫され

下肢に痺れや痛みが現れる症状のことを言います。

 

 

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアといった疾患により引き起こされる症状であり

病名ではありません。

 

その症状としては以下のようなものがあります。

・臀部から足にかけて痺れたり痛みがある

・腰痛

・歩きにくい

・重症になると尿漏れなどをきたす

 

 

 

★坐骨神経痛の種類

 

・根性坐骨神経痛

坐骨神経は腰椎から始まるのですが、その根元に問題があるものです。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などがあります。

 

・梨状筋性坐骨神経痛

梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛が起こります。

梨状筋は臀部にありこの筋肉が硬縮すると坐骨神経を圧迫してしまいます。

 

・腰椎性坐骨神経痛

腰椎の異常(関節・靭帯など)により坐骨神経が圧迫されて起こるものです。

根性坐骨神経痛と同義で扱われる場合もあります。

 

・仙腸関節障害

仙腸関節とは骨盤にある関節でここに問題がある場合も坐骨神経に影響し

痛みや痺れが起こります。

日ごろ長時間座っている方は仙腸関節の靭帯や関節に負荷がかかり続けると

起こることがあります。

また、出産後は靭帯が緩みやすいので仙腸関節に負荷がかかりやすくなり

起こることもあります。

 

・症候性坐骨神経痛

これは坐骨神経痛の原因がはっきりとしないものです。

 

 

坐骨神経痛の原因で多いものが

椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、脊柱管狭窄症

 

そしてこれらの疾患は椎間板や背骨、臀部に

過度な負担がかかり続けることによって発症します。

 

 

痛みを抑えるだけでなくその負担をどうにかしないと

繰り返し痛みや痺れが起きてしまいます。

 

ではどうして負担がかかってしまうのでしょう。

 

 

・長時間座っていることにより臀部を圧迫

・腰や背中を丸めたり姿勢で過ごしていることにより

背骨に負担がかかっている

・運動不足による腹圧の低下

 

これらが考えられます。

 

 

 

心当たりがある方、自分では自覚は無いが坐骨神経痛で悩まれている方、

 

お気軽にご相談下さい。

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

腰部脊柱管狭窄症の方へ!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月30日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

今回は腰痛の中でも歩行障害が起こる疾患、

腰部脊柱管狭窄症についてお伝えします!

 

 

★腰部脊柱管狭窄症とは?

背骨の中に脊柱管という管が通っています。

その管の中を神経が走っているのです。

腰部脊柱管狭窄症とは腰の部分でこの脊柱管を圧迫してしまい、

腰や下肢に症状をきたす疾患です。

 

圧迫してしまう原因は加齢により背骨を支える靭帯の肥厚、または石灰化や

腹圧が低下し背骨のカーブがきつくなり脊柱管を圧迫するケースがあります。

 

★どのような症状が現れるの?

腰・背部の痛み、臀部の痛み、下肢の痛みや痺れ、

間欠性跛行(休むとまた歩けるようになる)

こういった症状が現れます。

下肢の痛みや痺れは歩行や立位を続けることで悪化しますが

しゃがみこむなどの腰を丸めて休むと緩解するのが

腰部脊柱管狭窄症の特徴です。

 

 

★どうやったら狭窄しているかがわかるの?

 

画像診断、主にMRIで狭窄しているかどうかわかります。

 

★当院で腰部脊柱管狭窄症に対しできること

 

腰部脊柱管狭窄症は前述したとおり腹圧が大きく関係します。

腹圧を高めるにはお腹の筋肉が必要です。

 

当院では自分ではなかなか鍛えられない身体の深い場所にあるインナーマッスルを

楽にトレーニングすることが可能で、そうすることで腹圧を高め

狭窄の原因を改善します。

 

特に腹横筋というお腹をぐるっと包んでいる筋肉を鍛えることで

腹圧を高め、狭窄しにくい身体を作ることが出来ます。

 

狭窄してしまう原因は

身体を支える筋力が低下し正しい姿勢をキープできなくなり

そのせいで脊柱管を圧迫してしまうのです。

 

なので手術をしてもまた別の場所が狭窄してしまう方は

結構いらっしゃいます。

それもそのはず、手術をしても根本的には解決していないのです。

 

 

 

当院では皆様の心身共に健康になっていただき

生活を豊かに送っていただくために治療を受けていただいています。

 

身体を支えるインナーマッスルを鍛えることで症状の改善だけでなく

腰部脊柱管狭窄症の再発防止にもなります。

 

病院で改善しなかった方、一度ご相談下さい(^^)/

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

脱水に注意!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月28日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

 

本日より!

小松島坂口鍼灸整骨院がプレオープンです!

今ならお試し価格の500円で矯正が受けられます!(^^)/

 

台風が向かってきておりますが負けじとスタッフ一同精一杯頑張ります!

 

詳しくはこちら

 

 

 

 

さて、今回はこれから増えるであろう、脱水についてお伝えします。

 

私たちの身体の約60%は水分です。

水分があるから体温調節が出来たり栄養を運んだり筋肉を正しく動かせたり老廃物を輩出できるのです。

 

その水分ですが1日にどれくらい必要かご存知でしょうか。

 

 

大人は約2リットル必要になります。

 

2リットルなんて、意識して水分補給をしていないと

まず取れていない方がほとんどでしょう。

 

ですが大人の場合、2リットルは必要になります。

 

そして身体から出ていく水分も約2リットルなのです。

 

 

ただし、水分の代謝が悪くなっている方(お年寄りなど)が急に

水分を摂取する量を増やすと危険ですので

水分を増やす場合はどなたも少しづつです。

 

 

 

ではどんな飲み物で水分補給をすれば良いか?

 

・水

もっとも手軽に水分補給できる水。糖分もカロリーもないので余計なものを摂取せずに済みます。

水道水が気になる方は浄水器を取り付けるといいですね。100均にも売ってます。

 

ただ、水ばっかり2リットルもしんどいと感じる方もいらっしゃると思います。

最近は【水ゼリー】という形で水分補給される方も増えていますよ。

気になる方は調べてみてください(^^)/

 

・お茶

お茶で水分補給されている方は多いのではないでしょうか。

お茶はカフェインが入っているものは水分補給には適さないですが

そこを気を付けていただければ大丈夫です。

 

・スポーツドリンク

スポーツドリンクには糖分と塩分が含まれています。

激しい運動をした時や大量に汗をかいたときに適しています。

普段の水分補給にスポーツドリンクを選んでしまうと

糖分が多く入っているので注意が必要です。

場面に応じて上手に選び分けましょう。

 

・ジュース類

ジュース類は糖分が多く余計にのどが渇いてしまい

さらにジュースを飲みがちになります。

その結果、一時的な糖尿病になることがあります。

 

あくまで嗜好品として考え水分補給には別の飲み物を選びましょう。

 

 

ご自身でも体調管理を行い、夏を乗り切りましょう!

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

産後の骨盤矯正なら坂口鍼灸整骨院グループへ!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月27日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

今回は産後の骨盤矯正についてお伝えします!

 

 

お子さんを産む際に骨盤の前、恥骨という骨が緩み

骨盤が開きます。

 

なので産後に骨盤ベルトなどを使って骨盤を締めるのですが

 

妊娠中、さらには妊娠前の運動不足により骨盤を支える筋肉が弱っている場合、

開いた骨盤がなかなか戻らないということが起こります。

そうなるとご自身ではなかなか開いた骨盤を締めることが難しくなります。

 

そして当院に来られる産後の患者様の多くが

骨盤を支える筋肉が弱っております。

 

なので骨盤を締めた上で支える筋肉を鍛えていくことが重要になります。

 

 

 

★産後の出やすい症状

 

産後に出やすい症状としては

・腰痛

・股関節痛

・膝痛

・頭痛

・肩こり

・腕のだるさ

・尿漏れ

・便秘

 

他にも

・以前のズボンが入らない

・体重が戻り切らない

・下っ腹ぽっこり

 

といった症状が多いです

 

 

これらの症状は骨盤が開くことが原因で起こっています。

 

骨盤を締めることでこれらの症状は改善され、産前にあった症状も良くなる方がいらっしゃいます。

 

 

 

★どうしてこのような症状がおこるのか?

骨盤が開くと骨盤は前への傾きが強くなります。

そうすると多くの方に起こるのが反り腰です。

 

背骨のカーブがきつくなり、腰の負担が増えたり

腰が反る分、背中が丸くなり

肩や背中の凝りが産前より強く出てしまったり肩こりの悪化で頭痛が起こります。

 

また、産後はホルモンの影響からしばらく関節が緩い状態が続きます。

その為、膝や股関節に負荷がかかりやすく、痛みが出やすくなります。

 

産前のズボンが入らないという悩みは

単に妊娠中に太ってそこから痩せていないだけの場合もありますが

別問題の場合もあります。

 

骨盤が開くと股関節も外に出っ張ってきます。

大転子という部分がズボンに引っかかってしまい

産前のズボンが入らなくなります。

 

骨盤の開き一つでこのように様々な問題が起こります。

 

 

 

★坂口鍼灸整骨院グループの産後骨盤矯正とは?

 

坂口鍼灸整骨院グループの産後骨盤矯正では

3種類の矯正を用いて骨盤の歪みや開きを整えていきます。

 

この矯正を行うこと、そしてもう一つ、

身体を支える筋肉のトレーニングも行うことで多くの方が以前の体調・体型に戻られています!

 

 

 

産後の骨盤が気になる方、体調がすぐれない方、プロポーションが気になる方

ぜひご相談下さい(^^)/

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

マタニティ整体【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月26日

みなさん、こんにちは!!!

鳴門坂口鍼灸整骨院の上ノ瀬です!

熱中症に気をつけないといけない時期が続いています。

熱中症になっている人も増えてきているのでこれからもっと暑くなるので水分補給と体調管理には気をつけましょう!

冷たい飲み物ばかりでは内臓に負担をかけたり逆効果になってしまうので水、お茶などの常温に近い温度で水分補給をしていきましょう!

本日は「マタニティ整体」について話をさせていただきます。

妊娠をするとホルモンバランスなどが崩れて様々な症状がでてきます。

・つわり→吐き気、嘔吐、食欲不振

・貧血、めまい

・便秘→プロゲステロンというホルモン分泌によって腸の働きが悪くなってしまうため便秘になりやすい

・腰痛→お腹が大きくなってくると腰をそる姿勢になるので腰の痛みが出てくる

・むくみ

・イライラ、倦怠感、頭痛

などといった様々な症状がでてきます。

こういう症状で悩まれている方はいないですか?

女性で一番身体の変化が大きい時期なので

身体の変化についていけず精神的にも不安になってきます。

内臓の働きも悪くなってしまうので汗がかきづらくなってきたりもするのでそれが熱中症の原因にもなってきます。

こまめに水分補給する意識を持ちましょう!!!

身体的にも精神的にもものすごく不安定になるのでこういう症状で悩まれている方はすぐにご相談ください!

あと妊娠中はエストロゲンというホルモン分泌が増加してくるのでこのエストロゲンは靭帯や関節を緩めるという作用がでてくるので普段よりも可動域が広がってしまいそれで動いた時に痛みが出やすくなります。

痛みがあっても妊娠中だと薬を飲むこともできないし、他の整骨院などにいっても妊娠中はできないと断られることが多いと思います。

そういう妊娠中の方に安心して治療を受けてもらえる当院にはマタニティ整体という治療をさせていただいてます。

マタニティ整体とは強い刺激を加えずシムスの体位といって赤ちゃんに負担を与えずに安心して受けていただける治療となっています!

頭から足まで全身していくような治療なのですが東洋医学を含めたツボに対して刺激を与えて軽く手技の方で押していき上にもかかせていただいた症状を抑えていく治療になります。

強い痛みなどはまったくないのでそこは安心して通っていただける治療です!!

身体的にも精神的にも不安定なままでは元気な赤ちゃんを産めないので元気な赤ちゃんを産むためにも万全な準備をしていきましょう!!!

まずはご相談でも大丈夫なのですこしでもお身体に異変がある場合はすぐにご連絡ください!!!

鳴門坂口鍼灸整骨院では

姿勢を確認して原因をわかりやすく説明して痛みをとるだけでなく姿勢を根本的から良くしていくその人にあった治療を提供させていただきます!

深層の筋肉に直接アプローチしてインナーマッスルの硬さをとったり、特殊な機械を使って姿勢を支えてくれているインナーマッスルをしっかり鍛えることができます!

当院ではマタニティ整体以外でも肩こり、腰痛、産後矯正を得意としているのでぜひ、当院にご連絡ください。

他にもわからないことがある場合はいつでもご相談ください!

診療時間

平日  9:15〜12:00,15:30〜20:00

(一般の方は19:30 最終受付)

土曜  8:15〜17:30(昼休憩なし)

日曜・休診

祝日8:15〜12:00

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

  • ●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

膝の痛み、よくつまづく方!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年07月24日

 

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

 

皆さん夏バテはしていませんか?

 

夏バテは全身のだるさや倦怠感、食欲不振といった症状がでます。

特に食欲不振は内臓が疲れているサインです。

 

冷たい飲み物や食べ物、油っこいもの、アルコールなどで

胃腸が疲れているかもしれません。

 

また、外気と室内の気温の差が激しくなると自律神経の乱れにより

消化器の働きが悪くなっているかもしれません。

 

消化の良い食べ物を取ったり身体が冷えすぎないようにしましょう。

 

 

さて、今回は下半身の症状についてお伝えします。

 

皆さんは膝が痛くなった経験はありますか?

 

 

・スポーツをしていて

・長時間歩いていて

・椅子から立ち上がる時に

・階段をのぼる、もしくは降りる時に

 

 

様々な場面で痛くなることがありますね。

多くは膝になにかしらのトラブルがあり、痛みがでます。

 

しかし、膝自体に問題がないケースも実はあります。

 

 

特に何もないところでつまづいたりする方は

膝ではなく別のところに問題がある可能性があります。

 

 

 

それが腸腰筋という筋肉です。

 

 

 

★腸腰筋とは

姿勢に大きく関わるインナーマッスルで、

大腰筋と腸骨筋の二つを合わせて腸腰筋と言います。

 

この腸腰筋は背骨から骨盤を通って太ももの骨まで付いています。

姿勢に大きく関わる筋肉ですが姿勢以外にも影響があります。

 

この筋肉が弱くなると脚が上がりにくくなったりつまづきやすくなったり

膝が痛くなったりします。

 

 

つまづく回数が増えてきたと思ったら要注意です。

 

 

★腸腰筋は楽トレで簡単に鍛えられる!

 

当院では楽トレというインナーマッスルを鍛えることが出来る機械で

自分では鍛えることが難しい腸腰筋を

寝ながら鍛えることが可能です!

 

腸腰筋を鍛えることで脚が上がりにくい、何もないところでつまづく、膝の痛み

 

といった下肢の症状の改善や良い姿勢を手に入れることができます。

 

気になった方はぜひご連絡下さい(^^)/

 

TEL0886-78-8468

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

1 2 3 4 5 12

お問い合わせ

電話番号:088-678-8468

▲ 一番上に戻る