夏の冷え対策を!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年06月21日

 

 

こんにちは!鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

今回は夏の冷えについてお伝えします!

 

 

 

夏に冷え??と思う方もいらっしゃるかもしれませんが

 

夏にも冷えは起こるのです(; ・`д・´)

 

 

 

★夏の冷えに悩むのは女性だけではない?

職場のクーラーや通勤中の電車、スーパーやコンビニなど夏場はキンキンに冷えた場所が多いですよね。

冷房による冷えはもちろん、冷たい飲み物食べ物による身体の中からの冷えもあります。

 

この夏場の冷えですが、女性だけでなく男性にも起こっており、悩んでいる方は結構多いです。

夏場の運動不足も冷えに関係していると考えられます。

 

 

★身体が冷えるとどうなるの?

 

身体が冷えると体温を下げないように血管が収縮します。

血管が収縮した状態だと血のめぐりは悪くなってしまいます。

するとまず、末端の手足に冷えが起こります。

 

冷たい飲み物や食べ物を摂取すると

内臓の温度が一気に下がります。

 

内臓が冷えていると顔や頭など首から上がほてりやすく

顔や頭からの汗もかきやすいです。

 

氷の入った飲み物は要注意です(; ・`д・´)

 

 

外の気温と中の気温の差が大きすぎると身体がうまく対応できません。

その結果、自律神経が乱れてしまい、血のめぐりが悪くなります。

自律神経が乱れると疲れが取れない、倦怠感がある、食欲不振、眠れなくなるなど

夏バテと呼ばれる症状が現れます。

 

また、冬と違って外は暑いので、冷えを自覚しにくく、

冷えに気づいていない方もいらっしゃいます。

隠れ冷え性にご注意です!

 

 

 

★冷え対策はどうすればいいの??

 

まず食事についてですが

汁物をプラスするようにしましょう。

温かいスープやみそ汁を取り入れて中から温めるようにするといいですよ。

 

お風呂に入る際にバスソルトを入れるようにして見て下さい。

身体の芯から温まりますよ(^^)/

 

★坂口鍼灸整骨院グループででできること

 

坂口鍼灸整骨院グループでは鍼灸治療を行い

自律神経の調整を行います。

そうすることで夏バテの症状や冷えにも効果を発揮します。

 

特に食欲不振や眠れない症状は身体の回復力をさげてしまうので

早く治しておきたいですね(^^)/

 

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

腰痛持ちの特徴。。。?【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年06月19日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です(^^)/

 

今回はまたまた腰痛についてです。

 

 

 

腰痛を訴える人は多い分、当院にも腰痛の方が多く来院されます。

その方たちをみていると、腰痛の方の特徴とでもいうのでしょうか。

 

やはり身体の悪くなっている部分が似ています。

 

 

 

★どういうところが悪くなっているか

 

腰が痛くなる人の特徴として

・インナーマッスルが弱い

・脊椎ががちがちで動きが悪い

・猫背でお尻の上部がぺったんこ

・太ももの裏が硬い

・脚の捻じれがある

 

このような特徴があります。

 

 

 

★インナーマッスルとは?

インナーマッスルは日本語では深層筋と言います。

筋肉は層になっていて、深いところに位置して

骨格を支えているのがインナーマッスルです。

この支えの筋肉が弱いと歪みが起こったり、

表層の筋肉に負担がかかり、痛みが出ます。

 

★どこのインナーマッスルが弱っているのか?

姿勢に大きく影響しているのが

・腸腰筋

・腹横筋

この二つの筋肉です。

 

そしてこの二つの筋肉が腰痛を訴えて来院される方は弱っています。

 

特に腸腰筋は弱くなると骨盤の傾斜に大きく影響する重要な筋肉です。

また、腹横筋はお腹と腰回りをぐるっとコルセットのように包んでいる筋肉なので

腰回りの支えになっている筋肉です。

 

★脊椎の働き

脊椎(背骨)は椎骨という小さな骨が重なって出来ています。

脊椎の動きは連動しており、一つ一つが独立して動いているわけではありません。

なので動きが悪いところがあるとその上の椎骨が余計にうごいてカバーします。

 

姿勢が悪く、腰より上の脊椎の動きが悪いと腰や首に影響を与えてしまいます。

 

 

 

★猫背だとお尻がぺったんこに??

猫背というのは腰と背中が丸くなった姿勢です。

この状態ではお尻の筋肉が働きません。

使わない筋肉というのはどんどん萎縮してしまいます。

結果、お尻の上部がぺったんこになります。

お尻の筋肉は様々な動作で働く大切な筋肉です。

それが使えていない、萎縮してしまっていると

腰や下肢が代わりに頑張って働いている状態なので

腰に負担がかかっています。

 

 

★太ももの後ろが硬い

太ももの後ろの筋肉をハムストリングスと言います。

ハムストリングスは骨盤の坐骨に付着しており

ここが硬いと骨盤の歪みにも繋がります。

 

 

★脚の捻じれが骨盤の歪みにつながる

脚が捻じれていると脚の長さが変わり、骨盤の高さも変わります。

身体の重心にも影響するのでもちろん姿勢にも関係します。

 

 

 

 

これらが腰痛を訴えて来院された方たちの特徴です。

なかには自覚しにくいものもあるので気づかないうちに

腰痛体質になっている可能性があります。

 

少しでも身体の状態が気になった方はぜひ当院までお越しください(^^)/

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

湿気が増えると身体がしんどくなるのは気のせい。。。??【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年06月16日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

 

 

今回はタイムリーな話をしていきます。

ずばり、この梅雨の時期についてです。

 

梅雨入り前から湿度が高くなりむしむししたり身体がすっきりしなかったりしますよね。

湿気が増えると関節が痛む方もいらっしゃいます。

これらは「湿邪」のせいかもしれません。

 

 

★湿邪とは??

 

中医学の考え方で(中国の医学)中医学では気候の変化が招く病気の要因を6つに分けております。

その中の1つに「湿邪」というものがあります。

 

「湿邪」は私たちの身体の中に溜まる「余分」な湿気です。

湿気が溜まると身体は冷えて、重く感じます。

 

なのでこれからの時期は身体がだるい、むくむ、胃の不調などが感じられます。

 

 

★見分け方

 

自分が湿邪かどうかは舌を見るとわかります。

湿邪が身体に溜まっていると舌に苔が溜まりやすくなり、

舌がぼてっと広がり歯形が付いている方が多いです。

 

また、湿は下に集まる性質があるので

下半身の冷えやむくみ、

女性はおりものが多くなりやすいです。

 

胃腸機能の低下により食欲不振や胃もたれを感じる方も。。。

 

 

そして、湿邪は内湿と外湿の二種類あります。

 

 

★内湿

内湿は脾胃の働きが低下することで、身体の内側から生じます。

脾胃は食べたものを消化吸収し、食べ物の水分や栄養を全身に運びます。

また、体内の水分代謝をコントロールする重要な役割を持っているので

これらの機能が低下すると

外から入ってきた湿を取り除くことが出来ず

身体の中に溜まってしまいます。

そうすると食欲不振、下痢や関節痛などを引きを超します。

脾胃が弱ると食欲不振や不快感など、胃腸の不調が現れます。

 

この時期は出来るだけ加熱処理をしたものを摂取するようにしてください。

身体を温めることも大切です。

特に下半身を温めましょう。

 

脾胃に良い食材をご紹介します。

 

・山芋

・インゲン豆

・大豆

・生姜

・キムチ

・にんにく

・山椒の実

 

 

★外湿

湿気が大気中に多すぎると湿邪の中でも外湿といい、梅雨の季節や高温多湿などの環境では

外から湿邪が溜まりやすくなります。

外湿による影響は頭痛、強い眠気、むくみ、皮膚の分泌物などがあります。

外湿は頭痛や身体のだるさを引き起こします。

 

溜まってしまう前に余分な湿を取り除くことが重要です。

利尿作用のある飲み物がおすすめですが

常温またはホットで飲むのが良いでしょう。

・コーヒー

・お茶

・紅茶

また、しそやみょうがも良いです。

 

 

身体の中に湿をため込まないように汗をかくことも大事ですね。

ただし、水分補給は行ってくださいね。

 

 

今回はこのあたりで(^^)/

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

整骨院ってどんなとこ??? 【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年06月14日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

 

今回は整骨院の事を知らない、行ったことのない方に

整骨院はどんなところで何をするところなのかをお伝えします!

 

 

 

 

★接骨院と整骨院の違いって??

最近は「整骨院」という表記が主流になっていますが

昔は「接骨院」が圧倒的に多く

 

○○接骨院が一般的でした。

 

それが近年「整骨院」という表記が増え

今では当たり前になりました。

 

 

表記は違いますが中身は一緒です。

 

ただ、昔は「ほねつぎ」と呼ばれ、骨折や脱臼をした方が駆け込む場所でした。

 

 

やがて整形外科の数も増え、画像診断ができる設備が整います。

今では整形外科でも骨折脱臼後のリハビリを行える理学療法士や柔道整復師が

在籍するようになり、整骨院ではあまり骨折脱臼を見る機会は少なくなりました。

 

代わりに整骨院ではぎっくり腰、足首の捻挫のような急性的な損傷や

野球肘、ジャンパー膝などのスポーツ外傷が多くみられるようになりました。

 

 

★最近の整骨院

 

最近では肩こり腰痛などの慢性的なものも

自由診療として扱っている整骨院が多いです。

他には骨盤矯正、姿勢矯正、美容に力を入れている整骨院なんかもあり、

整骨院も多様化してきています。

 

★整骨院の数

昨今の健康ブームで整骨院は増え続け、

28年には4万8千件とコンビニと肩を並べる勢いで増えております。

 

 

さすがにここまで増えるとどこの整骨院に行けばいいか悩みますね(-“-)

 

 

 

★健康保険はきくの??

健康保険ももちろん取り扱っています。

 

ただし、【痛みがあり、痛みの発生原因が2週間以内に存在する】ことが

健康保険を使う条件となっております。

以前のこの業界では不正請求や水増し請求が多く、近年では保険の取り扱いが

厳しくなっています。

 

しかし、きちんとした理由のもと、保険を使った治療は行えます。

 

 

★どこまでが健康保険で治療できるの?

保険が使えるものは

急性・または亜急性にものに限定されます。↓↓

 

〇骨折・脱臼

施術をするにあたって初回の応急手当を除き、医師の同意が必要

 

〇捻挫・打撲・挫傷

ぎっくり腰や寝違えなど

挫傷というのは例えば肉離れなんかがそうですね

 

 

 

★健康保険が使えないものは??

〇肩凝り

〇頭痛

〇以前からあった腰痛や膝の痛み

〇神経痛

〇リウマチ

〇内科的疾患

〇仕事中のけがは労災保険適用となり、健康保険は使えません

 

これらは整骨院で健康保険を使って治療することができません。

 

 

 

★骨盤矯正などは保険がきかないの?

矯正治療自体に保険は使えません。

ただし、保険治療と併用して実費で矯正治療を受けるのは大丈夫です。

 

 

 

 

 

★どのような症状を診てもらえるのか

 

現在整骨院では保険ではなく実費で治療を行っているところが増えてきており、

診れる症状や疾患も多くなっています。

肩凝り腰痛はもちろん、頭痛や神経痛、

骨盤・姿勢などの身体の歪み

五十肩や膝・股関節の痛み

顎関節症、むち打ちなどの交通事故のケガ

挙げればきりがないくらいです。

 

もちろん整骨院によって得意不得意はあるので

HPなどで事前に調べてもらったり、直接電話で問い合わせてみてもいいですね。

 

診てもらえるか答えてくれるはずです(^^)/

 

 

皆さんにとってぴったりの整骨院をぜひ見つけてみて下さい!(^^)/

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

ぎっくり腰になる方へ!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年06月12日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

 

雨の日が増えてきましたね。

車を運転される方は視界が悪くなるので気を付けて下さいね!

 

 

 

 

ところで皆さんは

 

ぎっくり腰になったこと、ありますか?

 

 

なにかの拍子に腰に強烈な痛みが走ったり

その場から動けなくなったりするあのぎっくり腰です。

 

 

このぎっくり腰ですが 正式名称がありまして

「急性腰痛症」と言います。

 

土地によってはびっくり腰とも呼ばれているそうです(知りませんでした。。。)

 

また、欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。

聞くからに痛そうですね。( ゚Д゚)

 

 

このぎっくり腰なんですが、定義が結構抽象的で

急に強い痛みが出ればぎっくり腰となるわけです。

 

しかし、同じぎっくり腰でも痛めている場所が人それぞれ違います。

 

なので、ぎっくり腰と言っても一緒くたにせずに

どこが原因で痛みが出ているかをきちんと調べる必要があります。

 

ぎっくり腰になる方で痛める場所として多い所で言うと

 

・大腰筋の硬縮・痙攣

・筋膜の癒着

・仙腸関節

・椎間関節捻挫

 

などが挙げられます。

 

特に大腰筋が引き攣って起こるぎっくり腰はよく見受けられます。

 

 

★大腰筋とは

 

背骨からお腹の中を通り、骨盤を通り脚に付いている長い筋肉で、

 

 

姿勢や骨盤の傾斜にとても影響している筋肉です。

 

また、歩く際に脚を引き上げます。

よくつまづく方はこの大腰筋が弱っている可能性が高いです。

 

そしてこの筋肉が硬くなると腰を必要以上に反ってしまい

腰への負担が大きくなり、腰痛を引き起こしたり、

 

過緊張することで大腰筋が引き攣り、何かの拍子にぎっくり腰を発症してしまいます。

 

 

ですので、大腰筋の柔軟性を高めることが

腰痛予防につながります。

 

そしてもう一つ大事なことがあります。

 

 

それは、大腰筋を鍛えてあげることです。

 

 

 

硬くなった筋肉というのはうまく機能していない状態です。

 

その間に筋肉は本来の柔軟性を失い、うまく機能していない状態が長ければ長いほど弱っていきます。

 

 

 

硬いのに、弱っているのです。

 

 

ですので筋肉を柔らかくしながら鍛えていく必要があります。

 

 

 

 

ではどうやって鍛えるか。。。ですが

 

 

当院では大腰筋を

 

 

 

寝ながら楽に鍛えていきます。

 

 

 

本当ですよ(笑)

 

 

楽トレという機械を使って皆様に楽して

腰痛などの症状や姿勢を良くするトレーニングを受けていただいています。

 

 

 

気になった方は方は当グループまでご連絡下さい!(^^)/

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

6月7日は何の日。。。??【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年06月7日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

 

いきなりですが6月7日、いったい何の日かご存知でしょうか?

 

 

 

 

6月7日は

 

 

 

 

む(6)ち打ちな(7)おそうの日 です!!(^^)/

 

 

むち打ち症と言えば交通事故による負傷でなってしまうイメージがあると思います。

また、むち打ち症はよくならない、治らないというイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。。。

 

 

でも、むち打ち症は正しい診断と正しい治療を受ければ良くなります!(^^)/

 

 

 

 

その事実をたくさんの方々に知っていただくために

当院が所属している一般社団法人むち打ち治療協会では

毎年6月7日に合わせてたくさんの人が集まる新宿アルタ前でイベントを行っており、

 

むち打ち症は良くなるという情報やむち打ち症に酷似している疾患である

脳脊髄液減少症についての講演活動や啓発活動を行っています。

 

しかし、新宿アルタ前広場が2017年に閉鎖してしまいました。

 

なので今年はインターネット上で開催するそうです!

 

詳しくはこちらから!

 

 

 

さて、むち打ち症の多くは交通事故によるものです。

 

万が一、交通事故に遭ってしまったらどうすればいいか?

簡単にお伝えしていきます。

 

 

➀まず110番へ電話

軽い事故でも必ず警察へ連絡を。

怠ると負担金が増えたり罰せられる場合があります。

 

➁お互いの連絡先を確認

お互いの住所・氏名・電話番号などを記録してください。

 

➂任意保険会社へ連絡

その場で示談は禁物。ご契約の任意保険会社へ連絡してください。

 

➃治療へ

まずは病院へ行き、医師の診断を受けて下さい。

時間が経つと事故との因果関係が証明出来なくなります。

 

 

以上の4点を覚えておきましょう。

 

特に気を付けてもらいたいのは事故直後に痛みがないので病院に行かない方がいらっしゃいますが

事故直後は身体が興奮しており痛みを感じにくくなっています。

 

なのでついつい病院に行くのを先延ばしにしてしまいがちですが

やはり身体は傷ついているので早めに診察を受けましょう。

 

 

 

そして交通事故の治療は接骨院や整骨院でも受けることが出来ます。

自賠責保険を使った治療なので

基本的には患者様の負担はゼロです。

 

交通事故治療はお近くのむち打ち治療協会認定院に是非お越しください。

 

お近くの認定院の検索はこちらから

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

うれしい驚きです。【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年05月30日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

本日は腰痛についてお伝えしていこうと思います。

 

 

腰痛とネットで調べると実に数多くの記事やコラムがありますね。

腰痛の対処法やストレッチ、腰痛の原因についてなど

いかに多くの人が腰痛に悩まされているか、よくわかりますね。

 

 

 

ただ、腰痛と一口に言っても症状も痛む場所も全然違いますよね。

 

腰の外側が痛かったり、背骨の真ん中あたりが痛かったり

骨盤の上が痛かったり、お尻から脚にかけてが痛かったり。。。

 

 

皆さんが経験したことがあるのはどれですか?

 

 

 

 

ちなみに私は一通り経験しました(笑)

 

 

今回は腰痛の場所別に説明していきますね。

 

 

 

 

 

1.腰の外側

少し薄いですが青い丸で囲っているところです。

ここには腰方形筋、腸肋筋という筋肉があります。

これらの筋肉がうまく使えていない(柔軟性が低下している)と

動いた時に痛みがでます。

 

 

 

2.腰の真ん中

背骨の上が痛いというより、背骨の中や背骨の奥が痛いと表現されます。

ここは椎間板、多裂筋、棘上靭帯があります。

 

多裂筋には背骨同士を連結させる働きがあり、背骨を安定させる働きをしていることです。

 

背骨に付いている筋肉や靭帯が

硬くなってしまうと背骨の動きを妨げてしまう、

あるいは背骨が動いた際に硬くなった筋肉や靭帯が引っ張られ痛みを感じてしまいます。

 

 

 

3.骨盤の上

骨盤の上、正確には仙腸関節と言います。

本来はこの関節は強靭でしっかりと支えられているのですが

腰を丸めた状態や椅子に浅く座り背もたれにもたれるような姿勢を長く続けたり

することによって仙腸関節に持続的に負荷がかかり関節部分に痛みが現れます。

 

女性の場合は出産前や出産後は女性ホルモンの影響により関節が緩くなるので

緩くなった仙腸関節に負荷がかかり痛みがでるケースもあります。

 

 

 

4.お尻から脚にかけて

坐骨神経痛や梨状筋症候群ではこの範囲(あるいはより下の方まで)に痛みや痺れが出ます。

坐骨神経痛では腰椎から影響していることがあります。

梨状筋症候群では梨状筋や大腿二頭筋の硬さから症状が現れます。

 

 

以上、場所別の腰痛について簡単に触れました。

ご自身がどの状態なのか、どこが痛みを生み出しているのか気になった方は

ぜひ当院でお身体のチェックを(^^)/

 

 

 

最後に腰痛で通院されていた患者様からの感想を載せておきますので

ぜひ参考にして見て下さい。

 

 

 

患者様の声

 

K.M様

 

元よりも良くなりました。まともに歩けないほどの

腰痛に苦しみましたが数回の通院で痛みはすっかり取れました。

根本的改善のために通院を続けていますが驚くべきことに腰が元より良くなりました。

車の運転席に座るのに以前は「ウーッ!ヨイショ、アーァ!!」といううなり声を上げていましたが、

今は静かにヒョイっと座ったり出たりしています。うれしい驚きです。ここに来て本当に良かったと思います。

 

 

スタッフより

最初は歩行が難しく痛みが強かったですが4回くらいの施術で改善しすごく喜んで頂けたことが印象的です。

根本的に改善し痛みの出ない状態にしましょう。

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

骨盤の歪み【徳島県鳴門市 鳴門坂口鍼灸整骨院】

2018年05月28日

皆さんこんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)

 

前回は骨盤の役割についてお伝えしましたがいかがでしたか?

骨盤には様々な役割があり、とっても重要な場所なんだと少しでも知っていただければ幸いです。

 

 

今回はそんな重要な骨盤が歪んでしまうことで起きる身体への影響についてお伝えしていきます!(^^)/

 

 

【そもそも骨盤が歪むとは??】

 

一般的にも骨盤が歪むことは認知されるようになりましたが

骨盤が歪むって、いったいどこが歪むのでしょうか?

 

 

まず抑えておいてほしいことがあります。

 

 

 

「骨盤は一つの骨ではない」、ということです。

 

 

 

皆さんご存知でしたか?

 

 

骨盤は 寛骨(左右の大きな骨)・仙骨(真ん中の逆三角形)・尾骨(仙骨の下、尾てい骨とも呼ばれる)

これらの骨が組み合わさって出来ています。

 

そしてこの組み合わさっている部分(接合部)が

本来なら強力な靭帯によってほとんど動かないようになっているのですが

 

日常生活の中で繰り返される負荷(姿勢や癖など)や仕事での身体の負担、

妊娠から出産にかけてホルモンの働きにより靭帯が緩くなる等

 

様々な理由で骨盤に歪みをもたらしてしまいます。

 

それにより

身体のバランスが崩れ、肩の高さが左右で違うなどの悪い姿勢になったり、

骨盤の歪みが腰や脚の捻じれを生み、血流やリンパの流れが悪くなることで冷えやむくみ、便秘、腰痛、肩こり、頭痛などの引き金や悪化因子になってしまいます。

 

また、産後のママさんに多いのが

骨盤の広がりです。

 

骨盤が広がってしまうと内臓が下がってしまいます。

 

内臓が下がると下っ腹がぽっこり出たり

内臓の位置が正常ではないので当然内臓の働きが低下します。

 

そうすると代謝が下がる・便秘になるといった内科的な症状が現れます。

 

骨盤はそれだけ中にも外にも影響を及ぼします。

 

 

 

 

 

 

では普段、自分で骨盤が歪みにくくすることは出来るの??

 

 

 

 

 

 

はい(^^)/

ご自身で気を付けていただくことで歪みにくくすることは可能です!

 

 

まずは脚を組まない!

これは一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

ちなみに脚を組みたくなるのは身体が歪んでいるため、脚を組むとしっくりくるのです。

歪みを整えれば脚を組むと違和感が生まれます。

 

他には頬杖をついたり片肘をついたりしないようにすることや、

 

片側ばかりで食べ物を噛まないなどが挙げられます。

 

 

他にはヨガやストレッチ、柔軟体操を行い身体を柔らかくすることです。

 

硬い筋肉は身体を引っ張り不良姿勢へと向かいます。

 

 

こんなところでしょうか。

 

 

そのうち簡単なストレッチなどご紹介出来ればと思います。

 

 

では今回はこのあたりで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.自分ではどうにもできないほどに悪くなってしまったあなたは

 

今すぐ坂口鍼灸整骨院まで!(^^)/

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

骨盤ってどんな役割?? 【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年05月26日

 

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

今回のテーマはずばり、骨盤です!

 

 

 

皆さんは骨盤と聞くとどんなイメージを持ちますか?

矯正?歪み?

 

最近では骨盤を矯正したほうが良いと多くの方が理解してくださいます。

産後のママさんも骨盤を締めたほうが良いと知っており、当院にも来院されます。

 

ところで、骨盤の役割って何でしょうね??

皆さんは聞いたことがありますか??(‘_’)

 

 

なぜ骨盤矯正が大事なのか、それは骨盤の役割が重要だからなのです!

 

 

【骨盤の役割】

1.身体の土台としての役割

まず、骨盤には上半身を支える役割があります。

 

骨盤の上に背骨が乗っており背骨の上には頭が乗っています。

骨盤が歪むと、その上に乗っている背骨まで歪んでしまいます。

 

例えば

骨盤から背骨が歪むことにより背中が丸まると

頭の位置が身体の前にでる猫背姿勢になります。このように骨盤から身体全体の姿勢にも影響が現れます。

 

 

背中が丸くなると頸椎(首の骨)は反りがきつくなったり、あるいは反りがなくなってしまいます。

その様な状態では頸椎本来の動きはできず可、動域は狭くなります。

背中が丸くなっていると肩甲骨は外に開きます。外に開くと肩は内巻きになります。

 

 

皆さんに一度やってもらいたのですが

わざと肩を内巻きにした状態で肩を横から上にあげてみてください。

 

 

 

あがりませんよね(‘ω’)

 

このように身体は正しい位置にいないとうまく機能しないのです。

 

 

 

骨盤の位置が正しいということは上半身が正しく使えることでもあるんです。

 

 

 

2.内臓や生殖器を守っている

骨盤の中には内臓や生殖器があり、これらを保護しています。

その保護している骨盤がもし歪んでしまったら、内臓や生殖器にも影響がでてしまいます。。。

骨盤の中には下肢に向かっている血管や神経などもあり、

骨盤から循環が悪くなり冷えや痺れを起こすこともあります。

 

3.身体にかかる衝撃を吸収

あまり知られていないのが衝撃を吸収していることです。

歩行時の足からの衝撃を骨盤が吸収し、上半身に負荷がかからないようにしています。

ただし、骨盤が歪んでいるとうまく衝撃が吸収できずに

代わりに腰やお尻、あるいは膝に負荷がかかり痛めてしまいます。

 

4.座る際に支えとなる

骨盤は複数の骨が集まって形成されているのですが

その中の1つである坐骨という骨が座るときに上半身を支えてくれています。

坐骨に体重が乗ることでいい姿勢で座ることができます。

 

 

 

 

ざっとこんなところでしょうか。

骨盤には多くの役割があり、私たちの身体や生活を守っています。

 

骨盤矯正が大切なことがおわかりいただけましたでしょうか(^^)/

 

 

ぜひ一度、自分の骨盤の状態を診てもらってはいかがでしょうか!

 

 

今回はこのあたりで終わりますね。

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

肩凝りからくる頭痛 【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年05月25日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

今回は肩こり、

そしてそこからくる頭痛についてお話しします。

 

 

国民病とも呼ばれるくらい、多くの人が経験している肩こり。

あまり気にならない人もいれば

辛くてたまらない、なんとかしたいと考えている人もいらっしゃいます。

 

 

肩こりは他覚的にはわからないので本人しかその辛さがわかりません( ;∀;)

 

 

【若い人にも肩こりはあるの?】

最近ではスマホの普及のせいか、中高生にも多くみられます。

スマホやタブレット、パソコンを扱う時に不良姿勢になっている人がほとんどです。

 

長時間のスマホやデスクワークにより肩や首の筋肉が緊張してしまい

血流が悪くなり筋肉が酸欠になります。

そうすると筋肉は硬くなっていきます。

 

 

 

【筋肉が硬くなるとどうなる?】

首や肩まわりの筋肉が硬くなると脳に向かって伸びている血管を圧迫してしまいます。

そうして脳が酸欠になることで、肩こりから頭痛が起きるのです。

ちなみに頭痛にはいくつか種類があります。

 

 

【頭痛の種類】

1.緊張型頭痛

筋肉の緊張により血流が悪くなることが原因で起こります。

痛み方は頭全体が締め付けられるような頭痛で

温めると比較的楽になります。

 

 

2.偏頭痛

偏頭痛の前兆として視野が欠け、ギザギザとした光が見えたりモザイクやオーロラのような光が

見える人がいます。これを閃輝暗点と言います。

偏頭痛には必ず閃輝暗点が起こるわけではないので前兆がない人もいます。

そして閃輝暗点が20~30分程続き、次第におさまりますが

その後、目の奥に強い痛みが走ります。

強い痛みのため気分が悪くなり吐き気を伴うこともあります。

痛み方はズキンズキンと頭の片側が脈打つように痛みます。

また、偏頭痛では片側の症状を訴える人が多いのですが

必ずしも片側のみに痛みが出るとは限りません。

こちらの頭痛では血管性の頭痛ですので温めると逆効果になります。

冷やすことで痛みが緩和されます。

 

 

3.群発頭痛

一年のうちに数週間~数か月の間に集中的に起こる頭痛で

・目がえぐられるような痛み

・痛みのあまりじっとしていられない

といった激しい痛みを伴います。

偏頭痛が女性に多いのに対して群発頭痛は男性に多く

一回の頭痛が15分~3時間程続きます。

痛み以外では涙や鼻水、目の充血を伴うことがあります。

 

また、群発頭痛はアルコールの摂取が引き金になると言われており

飲酒してから約1時間ほど経ってから頭痛が起きやすいとのことです。

他にも喫煙や気圧の変化も群発頭痛の誘発につながると言われています。

 

 

 

【肩凝りから起こるのはどのタイプ??】

 

以上が頭痛の種類ですが、この中でも肩こりから起きやすいのが緊張型頭痛です。

肩から首にかけて付いている僧帽筋という筋肉や、けんびきと呼ばれる肩甲骨の内側、

頭と首の境目にある後頭下筋群が凝ることで緊張型頭痛が発症します。

 

そしてこれらの筋肉は姿勢の影響を強く受けます。

特に、猫背姿勢になっているとこれらの筋肉に常に負荷がかかり

筋肉が硬くなってしまいます。

 

 

【肩こりに関係しているもの】

・姿勢

・冷え

・運動不足

 

主にこれらが関係しています。

 

これらについてはまた後日お伝えします(^^)/

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

1 2 3 4 5 10

お問い合わせ

電話番号:088-678-8468

▲ 一番上に戻る