【徳島県鳴門市 鳴門坂口鍼灸整骨院】むち打ち・交通事故の対応について

2018年01月17日

皆さん、こんにちは(#^^#)

徳島県鳴門市撫養町のむち打ち・交通事故治療専門院、鳴門坂口鍼灸整骨院の天野です。

今回は交通事故で困ったときの対応についての豆知識をご紹介させて頂きます。

 

①交通事故に遭遇し保険会社が対応できない、または整形外科と整骨院の併用ができないと言われた場合

基本的に患者様(被害者)がどこの治療院へ通院するのかを決める権利を持っています。

なので保険会社から整形のみの通院など言われても通院したい意思を伝えることが必要です。

ただ、1つ条件として、整骨院・接骨院で診療することが可能なのは、

病院(医師)が診断をしている傷病(症状)のみとなります。

医師が診断しなければ整骨院では診ることができない状況とはなります。

患者様(被害者)が冒頭で伝えたように治療院を決めることができますので、

整骨院で通院したい、違う病院へ行きたい場合は

セカンドオピニオンの形で病院を変更することは可能です。

その際は、保険会社へ伝える必要があるので転移の旨は伝えましょう。

セカンドオピニオンで医師が認めると治療が可能となります。

 

②保険会社(任意)が治療費を支払えない場合

→患者様(被害者)は通院したいが保険会社が打ち切りなどを勝手に決めて治療費を支払わないというケースがあります。

患者様は症状が残っており通院したいができなくなる。

上記の場合、様々なケースがあります。

保険会社が一方的に伝える場合は被害者請求へ切り替えることが出来ます。

被害者請求とは交通事故1事故につき最大120万円までが治療など自賠責保険で支払いが可能です。

ただし、過失割合によって変動はあります。

被害者請求の場合だと任意保険会社との連絡を取らなくてもよくなります。

過失割合10~7割(0~3割)までは120万まで

過失割合6~0割(4~10割)までは96万まで

※病院で交通事故との関連を医師より認めて頂く必要があります。

 

③加害者が任意保険に加入していない場合

→稀に任意保険を加入していない方が居ます。外国人などの場合は加入していないケースが多いです。

相手が加入していない場合は②でお伝えした被害者請求を使用します。

またはご自身の任意保険会社へ依頼し病院・治療院への治療費を支払ってもらうことができます。

ご自身の保険を使用しても保険料が下がるなどはありませんのでご安心ください。

ただし、患者様(被害者)の過失割合が0の場合となります。

ご自身が過失割合において1割でも関係すると保険料が関係しますのでお気をつけください。

 

④弁護士特約について

皆さん聞いたことはあると思います。ただし、使用したことない人は7割ほど居ます。

どのような場合に使用するのか簡単にお伝えします。

弁護士特約は月120円程でかけれる特約です。

弁護士特約の使用は加害者または保険会社との意見が相違し納得いかない場合、所謂被害者側が不利になるときです。

弁護士特約を使用すると交通事故の治療を1度受診すると8,400円まであがります。

ちなみに弁護士使用しない場合は4,200円の計算となります。

弁護士を放むことで患者様(被害者)の心の負担がなくなります。

交通事故が起きてすぐに弁護士を使用される方も居ます。

 

⑤加害者様が任意保険を拒む場合

→加害者が任意保険を拒む場合が稀にあります。例えば運送会社、営業など車を使用する方は仕事の職業を失わないために

任意保険を拒むケースがあります。また、保険会社は契約者が使用しないと言えば、使用をしません。

その場合も②でお伝えした被害者請求で自賠責保険へ直接請求するか、自身の任意保険を使用するかのどちらかになります。

①~⑤でお伝えしたように交通事故でも様々なケースがありますので、少しでも分からないことなど悩みがあれば

坂口鍼灸整骨院にお任せください。しっかり患者様のことを第一に考えサポートさせていただきます。

 

むち打ち・交通事故

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>
http://expand-k.com/

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院
●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院 

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

お問い合わせ

電話番号:088-678-8468

▲ 一番上に戻る