自律神経が乱れると。。。?【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年05月15日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

あっという間に五月も半ばを迎えましたね。

雨が降る日も多くなってきましたが

皆さん身体の調子はいかがですか?

 

もうすっかり五月病にかかってしまっている方も中にはいらっしゃるかもしれませんね(笑)

そんな方たちは特に自律神経が乱れている場合があります!

 

今回は自律神経についてお話させていただきます。

 

そもそも自律神経とは一体何でしょう?

 

 

 

自律神経は二つあり、

一つは【交感神経】といいます。

闘争や逃走時に働く神経で、

これは何かというと、活動している時や緊張している時、

ストレスを感じている時に働き、心身ともに活発にさせる神経です。

現代はストレス社会と呼ばれるほどストレスが多く、

それが必要もないのに交感神経を働かせてしまい、様々な症状の原因になっています。

 

 

もう一つは【副交感神経】といい

睡眠時や食事の時、休息時などのリラックスしている時に働きます。

現代では交感神経が過剰に働いている代わりに

この副交感神経が働きにくくなっています。

そうすると回復力が落ちたり夜、眠りが浅くなったり寝れなくなったりと

様々な症状がでてきます。

 

 

 

 

 

★自律神経はバランスが大事★

 

 

交感神経と副交感神経はどちらが悪いとかではなく

両方必要な働きなのです。

 

交感神経はそもそもが緊急時に身体を興奮状態(戦闘状態)にする神経です。

 

たとえば敵と戦っている最中には

身体を休ませたり食べ物の消化吸収などにエネルギーを使いたくない。

余計なエネルギーを使ってしまうと負けて死んでしまいます!

 

このような状況では副交感神経を働かないようにして、

闘争や逃走にエネルギーを注いだほうが生き残る確率は高くなります!

 

 

 

また、副交感神経が働いている時

=就寝時や消化吸収を行っている時やリラックスしている時は

身体を回復させることにエネルギーを注いでいるので

交感神経が働かないほうが回復しやすいのです。

 

 

このように一方が働いている時はもう一方は休んでおり、

うまく切り替わりながら自律神経は働いているのです。

 

しかし、ストレスの多い現代ではこの切り替わりがうまくいかず

休むべき時にうまく休めない。。活動すべき時に活発に動けない。。。

このような状態が起こっています!

 

これが自律神経の乱れです。

また、自律神経失調症とも言います。

 

自律神経の乱れが起こると無意識のうちに身体に力が入ってしまって

筋肉がガチガチになっている方が多いです!

 

そして自分では力を入れているつもりは全くないので

力を抜くこともうまく出来ません。。。

 

 

これは大変です(-“-)

 

 

身体が勝手に硬くなっていくのですから。

 

 

ですがそのような状態でお困りな方でも

 

治療を受けていただくことで良くなります!

 

当院では自律神経がうまく働くようにする為

背骨の矯正と鍼灸を行います。

 

 

自律神経は背骨から身体のあちこちに伸びていっています。

なので背骨の状態が悪い(姿勢が悪い、歪みがある)方は

自律神経も乱れている場合が多いです。

軽度の乱れであれば骨格矯正で自律神経を整えることができます。

 

しかし、自律神経の乱れがかなりきつく出ている方は

鍼灸を用いて、自律神経を直接整える治療を行います。

 

自律神経の乱れでお困りの方は

ぜひ当グループまでご相談下さい!(^^)/

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせ

電話番号:088-678-8468

▲ 一番上に戻る