ぎっくり腰になる方へ!【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年06月12日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

 

雨の日が増えてきましたね。

車を運転される方は視界が悪くなるので気を付けて下さいね!

 

 

 

 

ところで皆さんは

 

ぎっくり腰になったこと、ありますか?

 

 

なにかの拍子に腰に強烈な痛みが走ったり

その場から動けなくなったりするあのぎっくり腰です。

 

 

このぎっくり腰ですが 正式名称がありまして

「急性腰痛症」と言います。

 

土地によってはびっくり腰とも呼ばれているそうです(知りませんでした。。。)

 

また、欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。

聞くからに痛そうですね。( ゚Д゚)

 

 

このぎっくり腰なんですが、定義が結構抽象的で

急に強い痛みが出ればぎっくり腰となるわけです。

 

しかし、同じぎっくり腰でも痛めている場所が人それぞれ違います。

 

なので、ぎっくり腰と言っても一緒くたにせずに

どこが原因で痛みが出ているかをきちんと調べる必要があります。

 

ぎっくり腰になる方で痛める場所として多い所で言うと

 

・大腰筋の硬縮・痙攣

・筋膜の癒着

・仙腸関節

・椎間関節捻挫

 

などが挙げられます。

 

特に大腰筋が引き攣って起こるぎっくり腰はよく見受けられます。

 

 

★大腰筋とは

 

背骨からお腹の中を通り、骨盤を通り脚に付いている長い筋肉で、

 

 

姿勢や骨盤の傾斜にとても影響している筋肉です。

 

また、歩く際に脚を引き上げます。

よくつまづく方はこの大腰筋が弱っている可能性が高いです。

 

そしてこの筋肉が硬くなると腰を必要以上に反ってしまい

腰への負担が大きくなり、腰痛を引き起こしたり、

 

過緊張することで大腰筋が引き攣り、何かの拍子にぎっくり腰を発症してしまいます。

 

 

ですので、大腰筋の柔軟性を高めることが

腰痛予防につながります。

 

そしてもう一つ大事なことがあります。

 

 

それは、大腰筋を鍛えてあげることです。

 

 

 

硬くなった筋肉というのはうまく機能していない状態です。

 

その間に筋肉は本来の柔軟性を失い、うまく機能していない状態が長ければ長いほど弱っていきます。

 

 

 

硬いのに、弱っているのです。

 

 

ですので筋肉を柔らかくしながら鍛えていく必要があります。

 

 

 

 

ではどうやって鍛えるか。。。ですが

 

 

当院では大腰筋を

 

 

 

寝ながら楽に鍛えていきます。

 

 

 

本当ですよ(笑)

 

 

楽トレという機械を使って皆様に楽して

腰痛などの症状や姿勢を良くするトレーニングを受けていただいています。

 

 

 

気になった方は方は当グループまでご連絡下さい!(^^)/

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせ

電話番号:088-678-8468

▲ 一番上に戻る