うれしい驚きです。【徳島県鳴門市 鳴門坂口整骨院】

2018年05月30日

こんにちは!

鳴門坂口整骨院の村井です!(^^)/

 

本日は腰痛についてお伝えしていこうと思います。

 

 

腰痛とネットで調べると実に数多くの記事やコラムがありますね。

腰痛の対処法やストレッチ、腰痛の原因についてなど

いかに多くの人が腰痛に悩まされているか、よくわかりますね。

 

 

 

ただ、腰痛と一口に言っても症状も痛む場所も全然違いますよね。

 

腰の外側が痛かったり、背骨の真ん中あたりが痛かったり

骨盤の上が痛かったり、お尻から脚にかけてが痛かったり。。。

 

 

皆さんが経験したことがあるのはどれですか?

 

 

 

 

ちなみに私は一通り経験しました(笑)

 

 

今回は腰痛の場所別に説明していきますね。

 

 

 

 

 

1.腰の外側

少し薄いですが青い丸で囲っているところです。

ここには腰方形筋、腸肋筋という筋肉があります。

これらの筋肉がうまく使えていない(柔軟性が低下している)と

動いた時に痛みがでます。

 

 

 

2.腰の真ん中

背骨の上が痛いというより、背骨の中や背骨の奥が痛いと表現されます。

ここは椎間板、多裂筋、棘上靭帯があります。

 

多裂筋には背骨同士を連結させる働きがあり、背骨を安定させる働きをしていることです。

 

背骨に付いている筋肉や靭帯が

硬くなってしまうと背骨の動きを妨げてしまう、

あるいは背骨が動いた際に硬くなった筋肉や靭帯が引っ張られ痛みを感じてしまいます。

 

 

 

3.骨盤の上

骨盤の上、正確には仙腸関節と言います。

本来はこの関節は強靭でしっかりと支えられているのですが

腰を丸めた状態や椅子に浅く座り背もたれにもたれるような姿勢を長く続けたり

することによって仙腸関節に持続的に負荷がかかり関節部分に痛みが現れます。

 

女性の場合は出産前や出産後は女性ホルモンの影響により関節が緩くなるので

緩くなった仙腸関節に負荷がかかり痛みがでるケースもあります。

 

 

 

4.お尻から脚にかけて

坐骨神経痛や梨状筋症候群ではこの範囲(あるいはより下の方まで)に痛みや痺れが出ます。

坐骨神経痛では腰椎から影響していることがあります。

梨状筋症候群では梨状筋や大腿二頭筋の硬さから症状が現れます。

 

 

以上、場所別の腰痛について簡単に触れました。

ご自身がどの状態なのか、どこが痛みを生み出しているのか気になった方は

ぜひ当院でお身体のチェックを(^^)/

 

 

 

最後に腰痛で通院されていた患者様からの感想を載せておきますので

ぜひ参考にして見て下さい。

 

 

 

患者様の声

 

K.M様

 

元よりも良くなりました。まともに歩けないほどの

腰痛に苦しみましたが数回の通院で痛みはすっかり取れました。

根本的改善のために通院を続けていますが驚くべきことに腰が元より良くなりました。

車の運転席に座るのに以前は「ウーッ!ヨイショ、アーァ!!」といううなり声を上げていましたが、

今は静かにヒョイっと座ったり出たりしています。うれしい驚きです。ここに来て本当に良かったと思います。

 

 

スタッフより

最初は歩行が難しく痛みが強かったですが4回くらいの施術で改善しすごく喜んで頂けたことが印象的です。

根本的に改善し痛みの出ない状態にしましょう。

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせ

電話番号:088-678-8468

▲ 一番上に戻る