【徳島県 鳴門坂口鍼灸整骨院】腰痛・座骨神経痛

2017年12月16日

みなさん、こんにちは!

鳴門坂口鍼灸整骨院です(^^)♪

本日は、腰痛・座骨神経痛についてお伝えしていきます。

みなさんは、このような症状でお悩みではありませんか?

□ 腰痛のせいで、長時間のデスクワーク・立ち仕事がつらい。

□ 歩いていても、横になっても、どの姿勢でも腰が痛い。

□ 腰痛のせいで家事や仕事など、日常生活に支障が出ている。

□ お尻や下半身が痺れて歩けない。

□ ぎっくり腰が何度も繰り返し起こっている。

上記のような症状が出ていても、職業病だと諦めていませんか?

 

毎日の腰の違和感、痛みに悩んでいる方へ・・・

日本人の90%が1度は腰の痛みを経験すると言われるほど、腰痛は一般的なものでありながら、なかなか効果的な治療法が見つからないものです。そして、さっきまで何の問題も無かったのに、何か変な動きをしてしまったり、ちょっとした瞬間に激痛が走ることもあるのではないでしょうか。

座骨神経痛があり、腰の痛みだけではなく、足先にかけても違和感があったり、カイロプラクティックや温泉治療、マッサージなどに何度通ってみても痛みが戻ることはよくあるようです。

また、ヘルニアがあると言われ、手術を勧められていても身体にメスを入れることは出来るだけ避けたいと思うかもしれません。

腰痛と言っても、腰の痛みの原因になっているものはなんなのか、そしてどの筋肉が痛みの原因になっているのかをまず、見極める必要があります。

ヘルニアかどうかを確定するためには、MRIの検査が必要になりますが、ヘルニアのせいで腰に痛みが出ているのではなく、間違った身体の動きをしていたり、骨格がずれているために痛みが出て、ヘルニアが発症されているのです。

★腰痛の大きな原因

①腰の筋肉への過度な負担

長時間同じ姿勢のままでいたり、体重が増えたりすると、腰の筋肉への負担が増加して、痛みが生じます。

また、骨盤や背骨がゆがんでいると、身体を正常に支えることができずに腰に負担がかかりやすくなります。

②急性腰痛

一般的にぎっくり腰と呼ばれています。ぎっくり腰は、いきなり重い荷物を持ったり、くしゃみをしたり、腰に大きな衝撃が急に与えられると発生する急性腰痛のことです。

③身体のバランスの崩れ

左右で腰の高さや足の長さが違ったり、身体のバランスが崩れていると、筋肉・骨格・神経のバランスも崩れます。バランスの崩れた身体を無理に支えようとすると、腰に負担がかかり、痛みが出やすくなってしまうのです。

★坐骨神経痛の治療について・・・

坐骨神経痛の痛みを解消するために腰の治療に行き、左右同じ施術を受けたことはないでしょうか?

しかしながら、腰の治療法は左右で違ってきますし、坐骨神経痛にもいくつかタイプがあるのです。お尻や太ももに痛みや痺れがある坐骨神経痛の原因は、梨状筋症候群といってお尻の筋肉が凝り固まってしまうことで、神経を圧迫し、そのためにしびれなどの症状が出ているものです。

そこで、神経を圧迫している筋肉をしっかり緩めていく治療が重要になります。筋肉がほぐれることで症状は自然と改善していきます。マッサージや整体では、筋肉の表層部分にしか効果がありません。

★ヘルニアにも深層筋へのアプローチが必要

ヘルニアになったら、すぐ手術と考えられていましたが、近年では手術なしでも自然に戻るケースが多くみられています。

ヘルニアを治すためには深層筋が健康な状態にもどり、筋肉で背骨をしっかりと支える必要があります。

★長年の腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方は、当院へご相談下さい(^^)/★

 

坂口整骨院鳴門院

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>
http://expand-k.com/

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院
●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院 

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

 

お問い合わせ

電話番号:088-678-8468

▲ 一番上に戻る